日刊サイゾー トップ > 芸能  > 斉藤由貴にモルモン教徒が猛反発

斉藤由貴の不倫釈明会見に「モルモン教」内部から猛反発!「彼女は悪魔の策略に堕ちた状況」

 不倫疑惑が報じられた女優・斉藤由貴の釈明会見は、記者から「話を聞いても納得できない」という声が飛ぶほど不評だった。ネット上でも多くの人が「苦しい言い訳」と見ている。

 さらに、彼女が信仰するモルモン教の信者からも「この件でモルモン教が誤解されるので、素直に罪を認めてほしい。それができないのなら、退会を考えるべき」という痛烈な声が上っている。

「モルモン教徒にとってつらいのは、厳しい戒律についてばかり言われてしまうこと。もっと奥深い教義があるのに、こういう報道があるとカルトみたいに誤解されて、新たに入ってくる信者にも影響を与えます。不倫はもちろん大きな罪。でも、もし斉藤さんがちゃんとモルモン教に理解があるなら、罪をごまかすのは一番おかしなことで、過ちを認めるべきなんです」(信仰歴21年の40代女性)

 斉藤は50代の医師との“手つなぎデート”のほか、自宅と別に借りているマンションで逢瀬を重ねていたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。

 しかし、8月3日の夜に開かれた会見では、男性を「ダイエットをサポートしてくれたアドバイザー」として、不倫関係を否定。週4回の密会については「覚えてない」とし、会ったのはあくまで「往診」で、男性が医療用具も持たないで合鍵で別宅マンションに出入りしていることにも「用具はずっと置いてある」と言い張った。

 それなのに恋愛感情については否定せず、手を握ったことに「パッと手を出されて、なんとなくつかんでしまった」「好意はあるから、手をつなぐ的なことはあるんだと思います」と回答。さらに、自宅に戻らず、夫との離婚危機を「それはそれでしょうがないなという気持ち」と言う始末。

 記者から「一線は越えてない?」と聞かれたが、斉藤は逆ギレ気味にムッとして会見を打ち切り、モルモン教徒であることへの質問も無視して立ち去った。

 1980年代のアイドル人気絶頂期、斉藤はモルモン教信者であることを隠さず、「酒、タバコ、コーヒー、お茶などのほか、婚前の性交渉はダメ」とテレビ番組でも公言していたが、その独身時代に尾崎豊、川崎麻世との不倫スキャンダルで、厳しい戒律を破っている。

 ただ、前出信者によると「当時の斉藤さんは、ちゃんと罪を認めて謝罪をしています。だから、救ってあげなければならなかった」のだという。


12
こんな記事も読まれています

斉藤由貴の不倫釈明会見に「モルモン教」内部から猛反発!「彼女は悪魔の策略に堕ちた状況」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

不倫疑惑が報じられた女優・斉藤由貴の釈明会見は、記者から「話を聞いても納得できない」とい...
写真