日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9が描いたエボラ出血熱が酷い

エボラ出血熱を軽々しく描いた『コード・ブルー』が理解不能! 「一緒なら感染もあり」と恋愛要素をイン

エボラ出血熱を軽々しく描いた『コード・ブルー』が理解不能!「一緒なら感染もあり」と恋愛要素をインの画像1

 院内の人間ドラマばかりで“これじゃない感”が漂っている山下智久主演の月9『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。4日放送の第8話の平均視聴率は、前回より2ポイント上昇の15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第1話、第2話に続き、3度目の15%超えとなりました。

『コード・ブルー』ファンが一番アガるシーンは、なんてったって、フライトスーツ姿で頭に穴を空けたり、ヘンテコな体勢でオペをおっぱじめる藍沢(山下)でしょう。しかし、今シーズンの藍沢は、14歳のピアニストに入れ込んでウジウジ……。

 それに、新人フェローたちのパーソナリティーもイマイチ描ききれておらず、感情移入できないまま今シーズンが終わってしまいそうな予感……。もはや、横峯役の新木優子が「実は幸福の科学の信者だった」ということが一番印象に残りそうです。

 さて、あらすじを振り返ります。

緋山の行動が理解できない……

 前回のラストで電車のホームから転落し、血だらけで搬送されてきた灰谷(成田凌)ですが、職場にあっさり復帰。灰谷は、睡眠薬が効きすぎて転落したと説明していますが、職場の仲間たちはやんわり自殺を疑っています。

 そんなとき、鉄棒から落ちて胸を打ったという12歳の少年が、なぜか腹痛を訴え救命センターへ。異常は見当たらないものの、「もう誰も死なせたくない」と慎重になっている灰谷は、藍沢の助言もあり少年を入院させます。

 そこへ、ドクターヘリ要請が。成田空港で40代男性の堀内が倒れ、エコノミークラス症候群の疑いがあるとか。駆けつけた名取(Hey! Say! JUMP・有岡大貴)がラインを取ろう(血管に点滴などを打つための道を確保すること)と患者の腕に針を刺すと、患者が突然暴れ、針が緋山(戸田恵梨香)の小指にブスリ。

 さらに、初療室に運び込むと、堀内が吐血。エコノミー症候群以外の可能性があると判断した救命センター部長・橘(椎名桔平)は、スタッフにゴーグルやマスクなどの着用を指示。大声で「誰も血液、体液、接触してないな!?」と投げかけますが、血液が入り込んだかもしれない緋山はダンマリ。後で、こっそり藍沢に針が刺さったことを告げ、患者の検体と共に自身の血液サンプルも送ってほしいと頼みます。

 え、緋山は、名取を庇って上司に報告しなかったということでOK? そんなの、医者として許されるの? 日本にパンデミックが起きるかもしれないのに? え? え?


123
こんな記事も読まれています

エボラ出血熱を軽々しく描いた『コード・ブルー』が理解不能! 「一緒なら感染もあり」と恋愛要素をインのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

院内の人間ドラマばかりで“これじゃない感”が漂っている山下智久主演の月9『コード・ブルー...
写真