日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9が描いたエボラ出血熱が酷い

エボラ出血熱を軽々しく描いた『コード・ブルー』が理解不能! 「一緒なら感染もあり」と恋愛要素をイン

エボラ出血熱に恋愛要素をイン!

 そうこうしていると、堀内が死亡。この男性が西アフリカ帰りであったことが判明し、緋山は「エボラとか?」と苦笑い。血液検査の結果が出る明日まで、隔離された病室で待機します。

 同時に、緋山と会う約束をしていた緒方(丸山智己)が病院へ。名取が「緋山先生、今、B8の病室にいます」と隔離されていることをあっさり教え、緒方はズカズカと緋山のいる病室へ。緒方は、例えエボラ出血熱が自分に感染しても、「緋山先生となら、それもありかなって」(ヘラヘラ)とのことです。

 いやいやいや……、あなたはいいかもしれないけど、感染者増やしたら周りが迷惑だわ。緒方の緋山への想いを描くために、エボラ出血熱を軽々しく扱うとか……。2014年に流行ったとき、世界で何万人死んだと思ってるのよ。

 あくる日、ドクターヘリで50代男性が救命センターへ。大動脈瘤の治療のため、藍沢がオペ室へ。そうこうしていると、冒頭の12歳の少年の容態が急変。ショック状態で「もって10分」という状況ながら、名取と横峯と灰谷のチームワークによって一命を取り留めます。そんな3人に、藍沢は「3人そろうことで、12歳の子どもの命を救った」「救命はチームだ」といいことを言って、この後、スタッフリーダーとして悩む白石(新垣結衣)にも、いいことを言います。

 で、結局、緋山はエボラでもなんでもないことが発覚。スカートを穿いて緒方とデートに行き、居候している白石の家に帰り「確かに医者には、休日に一緒に買い物や旅行に行くような友達はいない。けれど、仲間はいる」と、白石と抱き合って友情を確認。

 最後は、藍沢が14歳のピアニスト・奏(田鍋梨々花)のオペを振り返り、新海(安藤政信)に「あの晩、俺たちはチームじゃなかった」とウジウジし、第8話は終了です。


123
こんな記事も読まれています

エボラ出血熱を軽々しく描いた『コード・ブルー』が理解不能! 「一緒なら感染もあり」と恋愛要素をインのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

院内の人間ドラマばかりで“これじゃない感”が漂っている山下智久主演の月9『コード・ブルー...
写真