日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 航空事故が生んだ哀しい復讐鬼
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.443

シュワルツェネッガーの鋼の筋肉が役に立たない!航空事故が生んだ哀しい復讐鬼『アフターマス』

シュワルツェネッガーの鋼の筋肉が役に立たない!航空事故が生んだ哀しい復讐鬼『アフターマス』の画像1実在の事件を題材にした『アフターマス』。アーノルド・シュワルツェネッガー主演作としては異例の超低予算作品だ。

 アフターマス(aftermath)とは戦争や災害などの余波、後遺症のこと。アーノルド・シュワルツェネッガー主演作『アフターマス』は、2002年にドイツ南部上空で起きた「ユーバーリンゲン空中衝突事故」の顛末と、事故から2年後に生じた悲劇を描いた実話系映画だ。これまで数々のアクション大作で凶悪犯や宇宙人と戦ってきたシュワルツェネッガーだが、本作では家族を奪われた怒りから事故を招いた管制官に襲い掛かるという、あまりにも哀しい復讐鬼を演じている。

 モスクワを発った旅客機とバーレーン籍の貨物機が高度1万メートルの高さで空中衝突し、両機に乗っていた71人が全員死亡した「ユーバーリンゲン空中衝突事故」。本作では事故を引き起こした管制官、事故によって家族を失った被害者遺族との双方の視点が並行する形でドラマが進んでいく。

 ジェイク(スクート・マクネイリー)は妻と息子を愛し、民間の航空会社で管制官としてマジメに働く、ごく普通の市民だった。だが、その日のジェイクにはあまりにも不運な条件が重なり過ぎた。いつもと同じように2人体制で管制室に詰めていたが、1人が食事休憩のために管制室から離れていく。さらに、その日は管制室の電気系統のメンテナンスが行なわれ、航空機や空港との連絡が一時的に繋がりにくい状態となっていた。そんなとき、モスクワから南下する旅客機と北上する貨物機が異常接近する。両機に備えてある空中衝突防止装置(TCAS)が警告を知らせるが、他のトラブルの処理に追われていたジェイクは対応が遅れた。ジェイクは慌ててTCASとは逆の指示を旅客機に出し、ジェイクの指示に応じた旅客機とTCASの指示に従った貨物機は空中衝突してしまう。レーダーから2つの機影が忽然と消え、ジェイクは戦慄する。

シュワルツェネッガーの鋼の筋肉が役に立たない!航空事故が生んだ哀しい復讐鬼『アフターマス』の画像2ワンオペを強いられた航空管制官のジェイク(スクート・マクネイリー)は、大事故を招いてしまう。


123
こんな記事も読まれています

シュワルツェネッガーの鋼の筋肉が役に立たない!航空事故が生んだ哀しい復讐鬼『アフターマス』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

アフターマス(aftermath)とは戦争や災害などの余波、後遺症のこと。アーノルド・シ...
写真