日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 長瀬智也が女を抱かない日曜劇場

風呂上がりの吉岡里帆を抱かない漢・長瀬智也!!  『ごめん、愛してる』最終回くらいは泣きたい!

風呂上がりの吉岡里帆を抱かない漢・長瀬智也!! 『ごめん、愛してる』最終回くらいは泣きたい!の画像1

 TOKIO・長瀬智也演じる主人公が、脳に銃弾を入れながら人を乗せて車を運転したりするメロドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)。10日放送の第9話の平均視聴率は、自己2番目に高い初回とタイの9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

 前回は、偶然、ばったり、偶然、ばったり……と、ドラマ的な展開が続きすぎて、ご都合主義が限界突破していた同作ですが、今回はどんな塩梅でしょう? あらすじを振り返ります。

※前回のレビューはこちら

最終回直前の暴露合戦

 律(長瀬)は、心臓発作で入院中のサトル(坂口健太郎)に心臓を提供しようとしていることを凜華(吉岡里帆)に明かしますが、律の余命のことなど知らない凜華は、ちんぷんかんぷん。「冗談言わないで!」と怒って、律のもとを去ってしまいました。

 早速、律は「死後、心臓を日向サトルに譲ります」と紙に書き、誓約書を作成。麗子(大竹しのぶ)に余命が「1カ月か、そこまでもたないかもしれない」ということを告白し、誓約書を手渡します。しかし、律が自分の息子であることを知らない麗子は、「どうしてそこまでしてくれるの? わからない」と凜華同様にちんぷんかんぷんです。

 病院では、意識が回復したサトルが、麗子に「僕、凜華と結婚しようと思うんだ」と勝手に宣言。凜華も重病人の手前、「はい……」と、イヤイヤ受け入れるしかありません。

 また、“これでサトルの命が助かるわ~”とばかりにルンルンの麗子は、サトルに心臓移植ができることになったと報告。不信に思ったサトルは、麗子が席を外した隙に、バッグに入っていた律の誓約書を取り出し、勝手に見てしまいます。前回のスマホの盗み見といい、最近のサトルは人の所有物をやたらあさりますね。

 そんな中、凜華はサトルとの結婚話を断ることを決意。それを父・恒夫(中村梅雀)に伝えるも、律の余命を知っている恒夫は、いきなり「あいつだけはダメだ! あいつは死ぬんだよ!」と暴露します。

 えー! 凜華が律の余命のことを知るきっかけが、このタヌキ親父だなんて! せっかく第9話まで引っ張ってきたのに、意外とあっさり凜華にバレてしまいました。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed