日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > ホロコースト犠牲者と加害者の恋
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.447

ホロコースト犠牲者と加害者の孫同士が禁断の愛!? タブーを破る『ブルーム・オブ・イエスタディ』

ホロコースト犠牲者と加害者の孫同士が禁断の愛!? タブーを破る『ブルーム・オブ・イエスタディ』の画像1ナチの戦争犯罪を現代的視点から見つめ直したドイツ映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』。主人公たちの禁断の恋の行方は?

 ナチスによる戦争犯罪やホロコーストを題材にした映画は、これまでにもスティーヴン・スピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』(93)やロマン・ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』(02)など、多くの実録作品が作られてきた。ナチスの非道さと過酷な状況を懸命にサバイバルするユダヤ系の人々の生き様を描いたものがほとんどだ。ところが、ドイツ人のクリス・クラウス監督が現代的視点から撮った『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、ナチスの戦争犯罪とホロコーストを扱いながらも、これまでの戦争悲話とはまったく異なるアプローチを試みている。なんと、ナチ戦犯の孫息子とホロコースト被害者の孫娘が出逢い、禁断の恋に墜ちていくラブコメディなのだ。

 ホロコーストものは悲劇にしかなりえず、ナチ関係者は徹底的に断罪されなくてはならない。そんな我々の思い込みを、本作は大きく覆してみせる。主人公はドイツのホロコースト研究所に勤める中年オヤジのトト(ラース・アイディンガー)。ナチス親衛隊(SS)だった祖父を告発した著書を発表したことで世間からは評価されていたが、家族には勘当された身だった。妻とのSEXライフにも問題を抱えている。情緒不安定なトトは2年間にわたって準備を進めてきたアウシュヴィッツ会議のリーダーから外されてしまい、代わりに選ばれた同僚のバルタザール(ヤン・ヨーゼフ・リーファース)と職場で殴り合いの大喧嘩をやらかしてしまう。雑用係に回されたトトは、フランスからやってきた研修生のザジ(アデル・エネル)の面倒を看ることになる。

 ザジは明るく、ユーモア好きな女性だが、ユダヤ人の祖母をホロコーストで失っていた。ナチ戦犯の祖父を持ち、すべての物事を悲観的に考えてしまう頭の固いトトとは真逆の存在だった。開催が危ぶまれるアウシュヴィッツ会議を成功させるため、トトはザジを連れてスポンサー回りへ。ちぐはぐな2人は常に口論が絶えないが、ネオナチにトトが襲われたことをきっかけに2人の心の距離はぐっと縮まる。ホロコースト問題を異なる立場から見つめてきた2人は、ナチスが大虐殺を行なったラトビアの首都リガを訪ねた際、宿泊先のホテルで男女の関係を結ぶことに──。

ホロコースト犠牲者と加害者の孫同士が禁断の愛!? タブーを破る『ブルーム・オブ・イエスタディ』の画像2頭の固いトト(ラース・アイディンガー)と楽天家のザジ(アデル・エネル)は、喧嘩を繰り返しながら仲を深めていく。


123

ホロコースト犠牲者と加害者の孫同士が禁断の愛!? タブーを破る『ブルーム・オブ・イエスタディ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

ナチスによる戦争犯罪やホロコーストを題材にした映画は、これまでにもスティーヴン・スピルバ...
写真