日刊サイゾー トップ > 芸能  > 上西小百合、タレントは厳しい?

上西小百合議員、タレント転身の意向も……“杉村太蔵路線”は厳しい?

上西小百合議員、タレント転身の意向も……杉村太蔵路線は厳しい?の画像1うえにし小百合 オフィシャルウェブサイトより

 上西小百合衆議院議員が、次期選挙に出馬しないことを表明。タレント活動を行う予定であることが判明した。これまで炎上発言を繰り返してきた“浪速のエリカ様”だが、果たして芸能界に居場所はあるのか?

 上西議員は、2012年の選挙に日本維新の会から出馬し、選挙区では敗れたものの、比例区で当選。14年の選挙でも選挙区では敗れたものの、再び比例区で復活当選した。しかし、15年に週刊誌で衆議院本会議の“サボり疑惑”や、不倫疑惑などが報じられ、維新の党から除名処分に。その後は無所属で活動してきたが、9月25日に「勝つ見込みがない」などの理由を掲げて、不出馬を発表した。

 これに伴い、上西議員はタレントに転身するものとみられているが、今後はどんなスタンスで活動するのか? 芸能誌記者は語る。

「上西議員は、維新の党から除名されていますが、しきりに橋下徹への尊敬の念をアピールしています。橋下は、爆笑問題の太田光の妻が社長を務める芸能事務所『タイタン』所属ですから、橋下ルートでタイタンが上西を拾う可能性はあるでしょう。となると、太田が司会の『サンデージャポン』(TBS系)では使われるでしょうね」

 常に話題性の高いゲストをブッキングして高視聴率を取ってきた『サンジャポ』だけに、上西議員の起用はぴったりハマりそう。すでに上西議員は同番組への出演経験もあるが、テレビ関係者は、“その先”について厳しい見方をする。

「“お騒がせ政治家”枠でいえば、すでに杉村太蔵がいます。ただ杉村は、株の運用や講演、ベンチャー企業への投資など、ほかでも精力的に食い扶持を稼いでいる上、番組で起用された際も、制作側の意図をくんで発言してくれるので、スタッフ受けは悪くありません。自分でマネジメントをしているので、ギャラにはうるさいようですが(笑)。“炎上芸”で話題を集めてきた上西議員が、杉村のように振る舞えるかといえば、なかなか難しいのでは? これまでのように世間の反感を買うような発言をすれば、早々に拒否反応が出てくるでしょうし、かといって、まともなことを言う上西議員に存在価値などない。いずれにせよ、賞味期限は短いのでは?」

 ちなみに杉村は、『サンジャポ』にほぼレギュラー出演中で、総選挙の話題に合わせて上西の出演もありそう。杉村と上西の直接対決は、ちょっとした見ものになりそうだ。

最終更新:2017/09/29 10:00
こんな記事も読まれています

上西小百合議員、タレント転身の意向も……“杉村太蔵路線”は厳しい?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

脚本&演出・松澤くれはが語る“舞台”

 昨年8月、『りさ子のガチ恋▽俳優沼』(▽はハートが正式表記。以下同)という斬新なタ...…
写真