日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > アジア枠拡大でサッカーW杯興ざめ

日本も韓国もボロボロ……アジア枠拡大による“サッカーW杯興ざめ”リスクが現実味

大韓サッカー協会公式サイトより

 国際サッカー連盟(FIFA)は今年5月、2026年FIFAワールドカップにおける出場枠を「32」から「48」に拡大することを決めた。アジア枠は現行の「4.5」から「8」に増加する。日本の立場からすればワールドカップ出場の可能性が高まる良いニュースだといえるが、その一方でヨーロッパは「13」→「16」、南米は「4.5」→「6」と微増にとどまり、相対的に出場枠は狭まることになった。それだけに、この決定についてサッカーファンの間では、大会のレベル低下を招くとの懸念が多い。

 実際、その不安は現実味を帯びてきている。

 日本代表は、10月10日のハイチ戦で大苦戦を強いられた。ギリギリで3-3のドローに持ち込んだものの、2点を先制しながら逆転を許した試合結果については、ハリルホジッチ監督も「私が率いてきた日本代表の中で、最もひどい試合」「恥をさらしてしまった」と嘆いていた。

 お隣・韓国も低迷が止まらない。ロシアワールドカップ最終予選では7年ぶりに中国に敗れるなど、あわや予選敗退の危機に陥っていた。なんとかワールドカップ出場こそ決めたものの、10月7日と10日にロシア、モロッコと戦った親善試合では2-4、1-3で敗北。合計7失点の連敗を喫したシン・テヨン監督が帰国した際には、仁川空港にサッカーファンらが押しかけ、「韓国サッカーは死亡した」と書かれた横断幕を掲げるなどして抗議デモも行われていた。

 それだけに韓国では、「日本と韓国が“アジアの盟主”として君臨する時代は終わった」と報じるメディアも少なくない。

 このようにアジア勢の不振が続く一方で、過去2回のワールドカップで決勝と準決勝に進出したオランダと、南米王者のチリは、ロシア行きを逃している。こうした状況を見るに、アジア枠拡大によってワールドカップの質が下がることは免れないように思える。

 しかし、FIFAは、こうした状況を予見していたはずだ。事実、14年のブラジルワールドカップで、アジア勢は1勝も挙げられていない。それでもFIFAが出場枠拡大に踏み切った裏には、金と政治が絡んでいるように見える。何しろ、FIFAによれば、拡大に伴う放映権料の増加などによって、6億4,000万ドル(約730億円)の収益増が見込めるのだという。

 15年の汚職スキャンダル以降、2年連続で赤字を計上しており、16年の損失額が3億6,900万ドル(約420億円)にも上ったFIFAが、利益確保に走るのも無理はないだろう。
 また、FIFAに加盟する211協会のうち、約64%に当たる135の協会はワールドカップ出場経験がない。インファンティーノ会長は「ワールドカップ出場のチャンスが増え、より多くの国が出場を夢見ることができる」と語っているが、その裏には、自身の影響力を強める狙いもあるのだろう。ヨーロッパのクラブが加盟する欧州クラブ協会(ECA)関係者も「この決断は、スポーツ的な理由よりも政治的な理由で下されたと理解している」と批判する。

 出場枠拡大によって、アジア勢がワールドカップで恥をかかなければいいが、果たして……。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・不振の韓国サッカー界で“ヒディンク再就任” 騒動が国政監査にまで発展!? 炎上の背景とは
http://s-korea.jp/archives/22439
・日本はもはや韓国サッカーをライバルとは思わない【 スポーツソウル・コラム】
http://s-korea.jp/archives/21830?zo

最終更新:2017/11/07 13:39
こんな記事も読まれています

日本も韓国もボロボロ……アジア枠拡大による“サッカーW杯興ざめ”リスクが現実味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真