日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 人食い夫婦、遺体をミートパイに

ロシア「人食い夫婦事件」に続報! 遺体をミートパイにして販売していた!?

ロシア「人食い夫婦事件」に続報! 遺体をミートパイにして販売していた!?の画像1イメージ画像 Photo By KAMEERU from Flickr.

 ロシアで過去18年間、30人以上を殺害し、その遺体を食べていた可能性が浮上している「人食い夫婦事件」については本サイトでもお伝えした(参照記事)。

 現在も地元当局による2人への取り調べが続けられている中、続報が入った。

 まず、前回お伝えしたガラス瓶の中で塩漬けにされていた人肉は、最後の被害者であるエレナ・ヴァフルシェワさん(35)のものと判明。彼女は夫婦の近所に住んでおり、飲食店でウエイトレスとして働いていたという。なんらかのきっかけで夫のドミトリー・バクシェーエフ容疑者(35)と知り合ったが、妻・ナタリア容疑者(42)の嫉妬を買うこととなり、殺害されたとみられている。また夫婦は出会い系サイトを利用し、“獲物”をおびき出していたこともわかった。

 さらに衝撃の事実も明らかとなった。ナタリア容疑者が被害者の遺体を材料にミートパイや蒸し料理を作り、自身が働く士官学校の生徒に販売したり、食べさせていたという事実が、彼女の供述により明らかになったのだ。

 彼女が副業としてミートパイを作り、飲食店に卸していたという事実は、彼女を知る複数の人物が記憶しており、信ぴょう性が高い。ある知人は、ミートパイの材料についてナタリア容疑者に尋ねた際、彼女が「身の回りにあるものなんでも」と答えていたとも証言している。

 加えて、複数の飲食店に、人肉を食肉として売り込んでいた事実も明らかになっている。2010年ごろ、実際に売り込みを受けた飲食店オーナーによると、ナタリア容疑者は「肉も卸せる。調理師としても働ける」と話していたが、粗野な印象を受けたので採用しなかったという。

 30人以上が殺害され食用にされたというだけでも異常だが、知らずに人肉を口にしてしまった被害者も多数いることが判明したこの事件は、史上まれに見る猟奇事件といえよう。

最終更新:2017/10/04 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ロシア「人食い夫婦事件」に続報! 遺体をミートパイにして販売していた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

ロシアで過去18年間、30人以上を殺害し、その遺体を食べていた可能性が浮上している「人食...
写真