日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 姫乃たま、ワーカホリックと酒の話
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.53

「ひと月に原稿〆切20本、ライブ17本……」【姫乃たま】ワーカホリックと酒と自己逃避を巡る“人生旅行”

「ひと月に原稿〆切20本、ライブ17本……」【姫乃たま】ワーカホリックと酒と自己逃避を巡る人生旅行の画像7

●オマケ 宍戸留美27周年記念作品について

──あのさぁ、せっかくだから宍戸さんの27周年の記念アルバムの話しようよ。せっかく二人とも歌っているしさ。

姫乃 そうだ、そういう美しい話をしましょう。

──「ピンクのラフレシア」のレコーディングはどうでしたか?

姫乃 ……緊張しました。なんか歌えなかったんですよ、全然。声もガサガサだったし。

──それは酒焼けだろう。

姫乃 だから龍角散を持参してたんですけど、手が震えているからオシャレなスタジオに白い粉をドバッとこぼしてしまい……宍戸さんに「おじさん臭くなったね」と言われて……。なんとかレコーディングは始めたものの、私は緊張するとピッチが下がる癖があるので、何度やってもずっと低いピッチのままで、宍戸さんがニコニコ見守ってくださる中、4時間ずっと白い粉が舞っていて……。

──地獄だね。しかも、たまちゃんはレコーディング初日だったから、その後の人はずっと龍角散臭い中で歌ったんだね。

姫乃 そうなんです。あと、宍戸さんはすごく人間が出来ていて、現役のアイドル達を耕す意味でも自分の曲を提供してくださっているわけだけど、嫉妬心とか複雑な気持ちはないのかな、と思ってたら、レコーディング中に「あ、今すごく複雑な気持ちになった」とおっしゃられて、「そうだよなぁ、頑張って歌わなきゃ!」と思ったらますますピッチが下がっていって……だんだん向こうのブースからの応答がなくなってきて、「あ、これはもう1フレーズずつ切り貼りしはじめているな」とわかって……。

──(爆笑)!

姫乃 服についた龍角散をバサバサしながら切り貼りしたものを聴いて「あ、歌えているみたいになってますね」って言った後、宍戸さんに「レコーディング風景を撮りたいから」って言われて、記念受験で歌ってみたら普通に全部歌えてしまい、みんながガックリしていました。

──これに関しては、酒飲んでから行けば一発録りで出来たような気もするね……。でも、作曲家の福田さんはそれで学習したみたいで、次のアイドルから優しくなったらしいよ。私はほぼラストの方だったから超優しくて「今のニュアンスは良かったから、この頭の2文字だけちょうだい!」とか、もうフレーズごとの切り貼りですらなかったよ。その裏にはたまちゃんの龍角散臭い努力があったんだね。感謝~。

姫乃 私は申し訳なさで逃げるように帰りましたけどね。

──後足で粉かけて帰ったんだね。次にたまちゃんと会うのはアルバムの発売記念ライブとかかな。やだなぁ。私、里咲りさちゃんとか絵恋ちゃんとかと一緒にライブするの、もうキツいよぉ。

姫乃 アッパーですよ……。

──このアルバムに参加が決まってうれしかったけど、参加アイドルのラインナップ見てちょっと引いたもんね。現代のライブアイドルの中に、そっと入り込んでる自分の違和感がすごい。「だって宍戸さんとはずっと一緒にやってるからね!」みたいな。コネ入社ですよ。

姫乃 縁故採用!

──肩身狭いよぉ。盛り上げたり踊ったりできないよぉ。

姫乃 里咲りさちゃんや絵恋ちゃんが踊って輝くほど、私たちの目がどんどん遠くなっていって……嫌だわ……またそれをやらなきゃいけないのね……。

──学生時代の格差が蘇るようだよ。でも、たまちゃんだって歌いながら踊るじゃん。

姫乃 だって、歌ったり踊ったりしなけりゃアイドルって言えなくなるじゃないですか。

──そういう理由かよ~! ではでは、また発売記念ライブ(たぶんある)でね! 読者の皆さまも是非是非~!
(取材・文=小明/撮影=宍戸留美)

●姫乃たま(ひめの・たま)
地下アイドル/ライター

1993年2月12日、下北沢生まれ。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業も営む。主な音楽作品に『First Order』『もしもし、今日はどうだった』、著書に『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版)『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。7インチレコードやカセットテープなど、様々なメディアで音楽を発表しており、地下アイドルとしても枠にとらわれない活動を展開している。
・Twitter
https://twitter.com/Himeeeno

●ししど・るみ
1973年、福岡県生まれ。1990年にアイドルデビュー、18歳でフリーアイドルになり現在まで様々な分野で活動中! フランス、ドイツ等でもライブを行い音楽活動で高い評価を得ている。

【宍戸留美最新情報】

■絵恋ちゃん、里咲りさ、姫乃たま、小明、他がカバーしたものと、セルフカバーした宍戸留美アイドル時代の音源を絶賛制作中!

■11/18(土)「宍戸留美と昼下がりのキルシェ親睦会」開演:16時 場所:Kirsche
前売¥3,000(1oder別)
ゲスト:るんこ、さな、cherry
※25名様限定

■11/19(日)「宍戸留美と昼下がりのレガート親睦会」開演:13時 場所:cafe&bar Legato
前売り¥3,000(2oder別)
ゲスト:るんこ、さな、たかこ ※22名様限定

■演劇企画CRANQ主催の朗読劇に出演!
6th STAGE Sound Play #2『プリモ・ピアット~聖夜のヒミツ~』12/19(火)~24(日)
場所:中目黒キンケロシアター
http://cranq.jp/

「ひと月に原稿〆切20本、ライブ17本……」【姫乃たま】ワーカホリックと酒と自己逃避を巡る人生旅行の画像8

東京幻想曲集

発売中!

「ひと月に原稿〆切20本、ライブ17本……」【姫乃たま】ワーカホリックと酒と自己逃避を巡る人生旅行の画像9

増田賢一氏と25年分の宍戸留美を撮りためた「東京幻想写真集」発売中!!

公式HP: http://rumi-shishido.com/
ブログ: http://lineblog.me/sundaliru/
Twitter: @RumiShishido

●あかり
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。『卑屈の国の格言録』(サイゾー)、『アイドル墜落日記 増量版』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/
シングル「君が笑う、それが僕のしあわせ」発売中。<https://www.cyzo.com/akr/

最終更新:2019/11/07 18:58
1234567

「ひと月に原稿〆切20本、ライブ17本……」【姫乃たま】ワーカホリックと酒と自己逃避を巡る“人生旅行”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さ...
写真