日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 水原希子のお尻グラビアが「下品」「汚い」と罵倒される理由
【messy】

水原希子のインスタ投稿写真に「下品」「汚い」…ほかのグラドルたちのセクシーグラビア写真と決定的な違い

 水原希子(26)がInstagramにUPした複数の写真がまた物議を醸している。ラインナップは極小面積のショーツで局部だけを覆っていることはわかるがお尻が丸見えのカットや、ノーブラショットも多くTシャツから胸の突起がわかるもの、ツンとした乳首が見える影の写真などなどだ。彼女のファンはセクシーだと賞賛を寄せるが、他方、アンチ水原希子勢は相変わらず「下品」「汚い」「臭そう」の罵詈雑言をネットに書き込んでいる。

 そもそもこれら一連の写真は、「週刊プレイボーイ」(集英社)42号に掲載されたものの一部。同号は水原希子を表紙に起用し、41ページもの撮りおろしカラーグラビアを掲載、両A面の特大ポスターを付録につけている。すべてロサンゼルスで撮影した作品で、前半はビルの屋上でドレッシーなメイクを施した水原が、お尻の見える超ミニスカートやワンピース型水着にブーツを合わせたファッションで様々なポーズをとっている。後半はノーメイクに近い状態での室内でのベッドシーンや手ブラ、屋外や車内での水着姿などで構成されている。

 いずれもプロのスタッフによって制作されたものであるはずだが、「下品」で「汚い」のだろうか? また、こうした作品をモデルが個人のインスタにUPすることが「下品」なのだろうか?

 同じような“炎上”――つまり下品だ何だとネット上(おもに2ちゃんねるの一部スレッド、そしてそれらを恣意的にまとめたたくさんの同じ内容のwebサイト)に批判意見が表示される状態をさす――案件は、以前からよくあった。

 たとえば今年8月に、トイレの便器に座っている写真をインスタにUPした際も、まったく同じように「下品」「汚い」の“炎上”状態になった。しかしそのトイレでの写真も、水原希子が出演する映画『奥田民生になりたいボーイ、出会う男すべて狂わせるガール』の企画でリリースされた『Sweet特別編集 天海あかりstyle book』(宝島社)内に収録されている一枚である。

 確かに乳首が浮き出ていたり、お尻がだいぶ見えていたり、排泄をイメージさせたり、という写真は過激なのかもしれない。けれど多くのグラビアアイドルが撮影してきた内容と大差ない。Tバックなりマイクロビキニなり、極小水着でお尻が丸見えになっているカットは、ファンサービスとして提供されるし、本来ならばそうした撮影現場でニップレスをつけていることが普通にもかかわらず乳首がハミ出ている(ように見える)一枚を見つければそれを消費する側は大喜びしてきた。

 ちなみに女優の吉岡里帆(24)が明かしたところによると、「グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛い」そうである(「She is」対談より)。

 なぜ痛いのかというと、「スタイリストさんが素敵だって思った布でつくっていて、ゴムとかが入っていない」からで、吉岡は「市販の水着はちゃんと伸びるし守ってくれるけど、私が着ていたグラビア用の水着は、人に見てもらうための水着だったから、ゴムが入っていないどころか、革紐や伸びない布でできることもあって。皮膚に食い込むくらいぐっと縛るから、次の日も跡が残っているんですよ。食い込ませることでお肉がちょっと盛り上がって、それが色気になるという」と現場事情を明かしている。市販の水着を着用してのグラビア撮影もあるにはあるだろうが、<撮影用の水着>と<人前で泳いでも大丈夫な普通の水着>は別モノだということだ。

 話を水原に戻すと、なぜ水原希子に限って、露出度の高いグラビア写真にこうも嫌悪の声が向けられるのかという疑問が浮上する。そこに「嫌韓」要素も含まれることは間違いないが、のみならず、彼女が「男が見たい女の子」に徹しないから、というのも大きな要因ではないだろうか。

 水原の場合、グラビアで「不特定多数の男子のための女の子」を演じていないし、「誰でも受け入れてくれそうな感じ」はまったくない。彼女の意思がそこに映っている。すなわち、「私が選ぶ」ということが。恥ずかしそうに目を伏せるような表情や仕草もなく、トークバラエティ番組では「(乳首が)トゥンッてしてても全然平気」と笑う。これは、水着グラビアの読者層、グラビアアイドルを求める層にとっては、欲しいイメージではないのだ。

 だからこそ水原希子に勇気付けられ、奮い立つ女子は少なくない。とはいえ女だって色々いるわけで決して一枚岩ではないのだから(当たり前すぎる)、女性向けネット掲示板ガールズちゃんねるには同じように「汚い」「見せるな」「変な女」といった調子の罵詈雑言が大量に書き込まれている。また、水原のこうした態度を受容せず、「色気ない」「こんな写真を投稿するなんて下品極まりない」「きこちゃん、最近体売ってるように感じるよー」と批判的なコメントを寄せる女性ファンもいる。水原希子の肉体は彼女のものでしかないのだから、たとえ彼女がヘアヌード作品を売ったとしても「体を売った」こととはイコールにならないと思うのだが、その捉え方は様々だということだ。

 いずれにしろ、良くも悪くも水原希子の注目度がいっそう高まっていることは間違いない。彼女にはインフルエンサーとしてこれからも臆することなく保守的な日本の女性観に一石を投じてほしいと思う。

(犬咲マコト)

最終更新:2017/10/12 07:10
こんな記事も読まれています

水原希子のインスタ投稿写真に「下品」「汚い」…ほかのグラドルたちのセクシーグラビア写真と決定的な違いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...…
写真