日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9『民衆の敵』で安倍批判?

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進

 そんなとき、政務活動費の約400万円を私的に使い込んだ議員の号泣会見がテレビに映ります。どうやらこのドラマ、ネタの新鮮さはあまり気にしちゃいないようです。

 その晩、パソコンから「市議会議員 就職」で検索する智子。すると、智子が住むあおば市は、8割以上の確率で当選できるという記事を発見。これに、「はい! 私、なる! 市議会議員。950万(報酬)!」「電動自転車、毎晩ビール飲み放題。ヒューヒュー!」と大はしゃぎです。

 すでに選挙戦は始まっていますが、智子はお構いなし。銀行で全貯金額の50万円を供託金として引き出し、立候補の申し込みを行います。

安倍普三、もとい、磯部真蔵は病気に

 その帰り道、立候補者である磯部真蔵(笹野高史)の演説に遭遇。しかし、これを見ていた智子のママ友で新聞社に勤める和美(石田ゆり子)は、「嘘ばっかり。磯部はね、待機児童を保留児童って言い換えて、マニフェストを実践したって言ってるだけなのよ」「なんにも解決してないの」と溜め息。昨今、「そのままでいいんだよ」的なセリフで人々を癒やしまくっている石田が、セリフであれ政治家批判するなんて。なんてハラハラさせるドラマなんだ……。

 早速、小池百合子風の女性政治家の写真を参考に、チークを塗りたくる智子。同じ保育園のママである恭子(MEGUMI)らに、「中卒で政治家ってできるのぉ?」とバカにされながらも、街頭演説をスタート。しかし、政治家一家の息子で、立候補者の藤堂誠(高橋一生)に場所を横取りされてしまいます。

 怒った智子は、「私は高校中退です。父親はギャンブル狂いで、母親は男にだらしないホステス!(略)生まれた時点で、自分の人生決まっちゃうなんておかしくないですか? 自給950円の生活も知らない奴らが、市民の幸せ語るな。自己責任? わけわかんない。卵焼きはどう頑張ったってステーキじゃないんだよ!」と藤堂に宣戦布告。この様子を見ていた和美は、智子に「あなたを応援したくなった」と申し出、戦力になりそうなママ友を集めてきます。

 その後、ママたちの助言により、生鮮卸値市場や幼稚園で演説を行い、支持率を伸ばす智子。これに慌てた磯部が智子のネガキャンを行うなど、すったもんだあった後、いよいよ開票日に。智子は落選してしまいますが、結果が出たものの数分後、磯部が病気でブッ倒れてしまったため、智子の繰上げ当選が決定。公平も「950万!」と大喜びです。


123
こんな記事も読まれています

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

「市政エンタテイメント!」をうたう篠原涼子主演の月9『民衆の敵~世の中、おかしくないです...
写真