日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9『民衆の敵』で安倍批判?

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進の画像1

「市政エンタテイメント!」をうたう篠原涼子主演の月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)が23日にスタート。初回平均視聴率は、9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタ。前期の月9『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』の初回が16.3%だったことを思うと、注目度はイマイチといえそう。そして、「月9だから見る」という時代は、完全に終わったんだなあ……と。

 なお、脚本は、フジのドラマでは聞かない黒沢久子氏という方。近年は『ウルトラマンオーブ』(テレビ東京系)などの特撮モノや、上野樹里主演映画『お父さんと伊藤さん』(2016)などを手掛けていらっしゃるようです。Twitterを見ると、共産党の志位和夫委員長の討論動画や、ウーマンラッシュアワー・村本大輔の政治的なカミツキ発言などをリツイートされていらっしゃるので、今の日本にいろいろと不満が溜まりまくっている女性なのかもしれませんね。

 というわけで、あらすじを振り返ります。

とにかく仕事が続かない夫婦

 タイトル画面に、「平成29年度文化庁芸術祭参加作品」の文字が。『民衆の敵』は、「文化庁芸術祭」執行委員会が芸術祭にふさわしいものと判断した作品なんだそうです。ほほう、国も認める良作ということですね。ちなみに、放送中の日曜劇場『陸王』(TBS系)もこれに参加していました。

 それはさておき、主人公は夫と息子と3人暮らしの40歳・佐藤智子(篠原)。ギャンブル狂いの父と、男にだらしないホステスの母に育てられたために、高校を中退。17歳から働き始めるも、正義感が邪魔してすぐに仕事をクビになってしまうそうです。

 しかも、夫の公平(田中圭)も同じようなフリーターなので、生活はカツカツ。保育園に通う息子の駿平は、智子が作った卵焼きを食べながら、「ステーキだと思って食べてるの! おいしいよ、ステーキ!」と言ったりと、なかなか不憫です。

 そんな智子と公平が、同じ日に仕事をクビに。そんな状況にも慣れっこなのか、口では「早く仕事探さないとヤバイよね」と言いながらも、夫婦でテレビゲームをしています。子ども作ったんだから、仕事続くように変わりなさいよ……と言いたくなるようなダメ夫婦です。


123
こんな記事も読まれています

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

「市政エンタテイメント!」をうたう篠原涼子主演の月9『民衆の敵~世の中、おかしくないです...
写真