日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9『民衆の敵』で安倍批判?

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進

政治的メッセージが見え隠れ?

 結局、智子とデッドヒートを繰り広げた安倍晋三総理に名前がよく似た磯部真蔵は、苦しそうに心臓を押さえながら、担架に乗って運ばれてしまいました。あえて初回にこれを持ってきたあたりに、同作の政治的な方向性を読み取らずにはいられません……。

 ところで、あおば市って、日本のどの辺の設定なのでしょうか? どうやら、千葉市や川崎市でロケの目撃情報が相次いでいるようなので、だいたいその辺なのかもしれませんね。

 で、ドラマとしては、テンポも展開もわかりやすく、想像以上にキレイにまとまっていて、娯楽作品として幅広い層が楽しめる作品になってるなという印象でした。いや、もしかしたらそこまで面白くなかったのかもしれません。そもそも、主人公夫婦がかなりツッコみどころ満載だし……。ただ、正直、もっとヤバいドラマかと思ってたんですよ。見てもないうちから。

 だって、篠原がスーパーの袋から長ネギ出して、頬に初心者マークつけて、拡声器で何かを吠えてるメインビジュアルとか、ベタすぎて「センスない……」って思っちゃってましたし、他局のドラマでブレークした高橋一生と石田ゆり子をメインに据えているあたり、「寄せ集めりゃ、数字取れんだろ」っていうフジの安直な意図も感じちゃいましたし……とにかく、コメディにも社会派にも振り切れない中途半端さが「ヤバいことになりそうだな」って思ってたんです。すいません。

 そんな低すぎるハードルを設定していたので、とってーも、いいドラマに見えました。ただ、智子が当選した後が描かれる第2話以降が勝負かと。女版『GTO』(フジテレビ系)みたいな感じになるんですかね? とりあえず、最終回までレビューしていきたいと思います。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

最終更新:2017/10/24 20:44
123
こんな記事も読まれています

民衆の敵=安倍政権!? 磯部真蔵がブッ倒れて落選した篠原涼子主演『民衆の敵』が1ケタ発進のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

「市政エンタテイメント!」をうたう篠原涼子主演の月9『民衆の敵~世の中、おかしくないです...
写真