日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 高須の『サザエさん』提供の可能性は

東芝が『サザエさん』スポンサー撤退! “後釜”に「高須クリニック」実現の可能性は……?

『サザエさん』オフィシャルサイトより

 東芝が、国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)のスポンサーを降りると報道されて話題になっているが、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、さっそく“後釜”に名乗りを上げた。『サザエさん』と「高須クリニック」とではミスマッチにも思えるが、本当に高須クリニックのスポンサーが実現することはあるのだろうか?

「東芝 スポンサー撤退」のニュースは、10月31日の深夜に一斉に報じられた。東芝は、『サザエさん』の放送開始以来48年間、同番組のスポンサーを務めてきたが、共同通信は「綱渡りが続く経営状況から合理化が避けられないと判断し広告大手の電通に申し入れた」と報道。東芝側は、ハフポスト日本版の取材に対し、「現時点で発表できることは何もありません」と回答しているが、撤退は既定路線のようだ。

 共同通信が報道しているように、東芝本体の経営悪化が最大の原因だが、この背景には無敵の人気を誇ってきた『サザエさん』のパワーダウンもあるという。テレビ関係者が語る。

「『サザエさん』は、ここのところ視聴率が低迷気味で、同時間帯の『バンキシャ!』(日本テレビ系)に負けることも珍しくなくなりました。日曜日の日テレは、17時30分からの『笑点』から、19時~21時台の『ザ!鉄腕!ダッシュ!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』まで、超人気番組を抱えており、“サンドイッチ効果”で、『バンキシャ!』も10%台半ばの視聴率をキープしています。そこに、最近の視聴者のフジテレビ離れも重なって、今では『サザエさん』の視聴率が1ケタになる週も出てきています」

 かつては週間視聴率ランキングの上位の常連だった『サザエさん』。今ではベスト10漏れも珍しくないが、東芝撤退の報道で動いたのが高須院長だった。高須氏は1日、「電通とフジテレビにすぐに連絡した。高須グループのハウスagencyと値段交渉開始なう」と、ツイートし、さっそくスポンサーに乗り出す意向を表明した。これについて広告関係者が話す。

「ほのぼのとした内容とは裏腹に、『サザエさん』は権利関係についてはすこぶるうるさく、ブランドイメージの毀損には極めて敏感です。テレビ局にとってスポンサーは、足を向けて寝られない存在ですが、『サザエさん』ほどのお化け人気番組となれば、そちらの意向も無視できません。高須クリニックがサザエさんのイメージと合致するかと言えば、答えはNO。フジテレビが『サザエさん』側の意向を踏みにじることは考えにくいでしょう。視聴率がいくら振るわないとはいえ、『サザエさん』のブランド力は超一級品です。その番組のスポンサーになるというインパクトは極めて大きく、手をあげる企業はいくらでもあるでしょう。ただ、『サザエさん』のスポンサーになっても、自社CMに『サザエさん』のキャラクターを使用することは難しいので、うま味は少ない。番組イメージに合致して、なおかつ、あの枠に広告を出せる企業と言えば、広告業界で“ナショナルクライアント”と呼ばれる、誰もが聞いたことがあるような大企業でしょうね」

 果たして、『サザエさん』が「Yes! 高須クリニック」と、GOサインを出す展開はあるのか!?

最終更新:2017/11/02 23:00
こんな記事も読まれています

東芝が『サザエさん』スポンサー撤退! “後釜”に「高須クリニック」実現の可能性は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真