日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > “光GENJI再結成”実現の可能性は?

元メンバーはトラブルまみれでも……水面下で進行する“光GENJI再結成”計画! その実現可能性は?

『光GENJI』(ポニーキャニオン)

 ある芸能関係のエージェントが、光GENJIの“再結成”に動いているという。メンバーの諸星和己は今年8月、テレビ番組で、元メンバー7人でLINEグループを作って集まっていることを明かしていたが、それと関係あるのだろうか?

 この話に接した芸能関係者に聞いたところでは、エージェントは「光GENJI」の商標の権利関係などの問題から、グループが所属していたジャニーズ事務所との交渉を見据えていたそうだが、現時点ではまだ何も動いてはいないようで、「仮に『光GENJI再結成プラン』があるとすれば、最初の1文字、『光』の文字の一部を書き始めた段階だとエージェントが話していた」という。

 このエージェントは大手広告代理店出身で、過去に別の人気歌手の活動再開を成功させたことがある。

 7人組のアイドルグループだった光GENJIは、1987年に結成。ローラースケートで踊りながら歌うスタイルがお茶の間にインパクトを与え、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)提供のデビュー曲「STAR LIGHT」が大ヒット。その後、「パラダイス銀河」などのヒット曲も続き、時代を象徴する人気アイドルとなった。しかし、活動は長続きせず、94年に大沢樹生、佐藤寛之が脱退し、翌年解散。のちに、諸星はテレビ番組などで「当時はメンバー同士の仲が悪かった」と明かしていた。

 メンバーのうち、内海光司と佐藤アツヒロは現在もジャニーズ所属のまま俳優として活動。ほかのメンバーたちは所属を別に移し、諸星はタレントとして、佐藤寛之は歌手として活動を継続。元妻・喜多嶋舞との長男をめぐるDNA鑑定騒動のあった大沢樹生も俳優活動を続けている。

 ただ、山本淳一と赤坂晃はちょっと事情が違う。山本は妻との金銭トラブルなどがたびたび報じられ、歌手やプロレスなどの活動をしているが、大手メディアが扱いにくい存在となっている。

 赤坂に至っては2007年と09年に覚せい剤取締法違反で2度逮捕され、有罪判決を受けた。12年まで服役して、出所後はバーを経営していたという話だが、一部で既婚女性との不倫疑惑や、別の交際女性からのセックス話の暴露などをされており、メジャーな舞台に復帰できるようには見えない。


12
こんな記事も読まれています

元メンバーはトラブルまみれでも……水面下で進行する“光GENJI再結成”計画! その実現可能性は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真