日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!
週刊誌スクープ大賞

またまた立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!「タクシーの中で、無言でズボンのチャックを下ろし……」

 11月12日から大相撲の九州場所が始まる。いまのところ4横綱が勢ぞろいするといわれているが、ポストによれば、この場所は横綱にとっては「不吉」なのだそうだ。

 武蔵丸、双羽黒、三重ノ海が引退している。稀勢の里の師匠である隆の里も、85年の九州場所で5日目に休場し、翌年の初場所で初日に黒星を喫して引退している。

 曙は優勝したが、両膝のけがが悪化して、初場所を全休。そのまま引退した。

 朝青龍は11連勝のあと4連敗し、翌場所中に泥酔騒動を起こし、引退勧告を受けた。

 貴乃花も九州場所をケガで全休。翌年初場所で引退表明している。

 ポストによると、その上、若手の台頭が著しく、4横綱にとっては厳しい場所になりそうである。

 白鵬、稀勢の里、鶴竜、日馬富士、誰が引退してもおかしくないが、本命は白鵬か。

 これまでとは違う意味で、楽しみな九州場所ではある。

 さて、過去にも数々の猟奇事件があった。神戸児童連続殺傷事件、女子高生コンクリート詰め殺人、八つ墓村、津山三十人殺しなどがすぐに浮かぶ。

 だが、神奈川県座間市で起きた9人の頭部切断事件は、文字通り背筋を凍らせるだけでなく、これから来るであろう暗い時代の予兆のような事件に思えてならない。

 これまでも自殺サイトで知り合った男女たちが集団自殺を図ろうとしたり、今夏、大阪の会社員が自殺サイトで知り合った男女3人を殺す事件などが起きているが、今回のはどこか違うように思う。

 事件発覚のきっかけは、東京都八王子市の女性(23)が10月21日から行方不明になり、彼女の兄が高尾署に届け出たことからだった。

 女性はTwitterで「一緒に死んでくれる人を探している」などと投稿していたそうだ。

 アパートの狭い部屋で、切り取った頭部などを入れ、猫のトイレ用の砂をかけたいくつものクーラーボックスとともに暮らしていた白石隆浩容疑者(27)とは、どんな人物なのか。

 週刊誌の格好のテーマだが、残念ながら新潮、文春ともに締め切りの関係で間に合わなかった。

 かろうじてフライデーが突っ込んでいるが、目新しい話はない。

「白石さんの家は両親と彼と妹さんの4人家族です。隆浩君は子どものころから悪いウワサなどもなく、素直な良い子というイメージしかありません」(近隣住民)

 こうした大事件が起きるたびに、週刊誌というサイクルは時代に合っていないと思う。

 テレビのワイドショーが事件を連日放送し、ネットメディアも毎日のように報じている。週刊誌も何らかの策を講じなくてはいけない。

 私なら、取材記者たちを動かして原稿にし、ネット上で情報を日々更新する。すべて無料で読める。週刊誌でしかやれない切り口で報じ、それを編集して次号に掲載すればいい。

 文春にはデジタル版(有料)がある。そうした試みをやっているかと思って覗いてみたが、やっていないようだ。それならば、今日からでも始めるべきだと思う。

 今日(11月6日)発売の現代が、白石容疑者が逮捕される直前まで、メールなどでやり取りしてきた女性が、インタビューに応じている。

 この女性、ワイドショーにも話しているから、取り立てて目新しい話はない。

 彼女は9月6日の夜、Twitterで「死にたいので一緒に死ねる方募集します」とツイートしたら、「首吊り士」というアカウントの白石から反応があったという。

「一緒にどうですか。車と薬を持っています」

 そこからダイレクトメッセージでやり取りし、無料トークアプリでメッセージや電話をするようになった。

 彼女はこれまでもSNSを通じて何人かとやり取りしてきたが、白石が一番熱心だったという。

 その後、「会いたい」「一緒に住みたい」という内容に変わり、彼女のほうも来年あたり実際に会い、同棲しようという気持ちになっていたそうだ。

 10月下旬ごろ、白石が電話で「人を殺したことがある」と打ち明けたことがあったという。

 数日後に、他にも殺しているともいったそうだ。10月20日にはロープの写真が送られてきたので、嫌悪感を示すと「お願いだから嫌いにならないで」という返信が来た。

 SNSを通した疑似恋愛に持ち込むのが白石容疑者の得意技だったのか。

 だが10月後半になると「俺におカネを渡してくれたら殺してあげる」「全財産を全部俺にちょうだい」と変化し、彼女が家に来たら「飲み物に睡眠薬を入れて、眠っている間に縄で殺ろうと思う」などとエスカレートする。

「私も病んでいたので、『もう殺されたい』って感じでした」

 通話をしている時に、電話口から女性の声のような音が聞こえてきたという。

 印象的なのは、白石が彼女にいった以下のような言葉である。

「俺は普通の子はダメなんだよね。精神的に弱い子がいい。元カノは多重人格みたいな病んだ子ばかり。俺が病んでいるから、そういう子を引き寄せちゃうんだよね」

 ポストによれば、公判で「自殺志願者に頼まれて殺した」と主張して認められた場合は、最高でも懲役7年程度。

「自殺した死体を切り刻んだだけ」と主張すると、認められた場合は3年以下の懲役だそうだ。

 どちらにしても、尋常な精神ではないから、心神耗弱だと主張して認められる可能性もあるのではないか。その場合は、精神病院へ強制入院させても、すぐに出てきてしまう。

 この手の犯罪では例を見ない凶悪事件だが、白石容疑者は事件の動機や手口をどう語るのだろうか。

 殺された人たちは、なぜ彼の元へ引き寄せられたのか。事実は小説より奇なりである。


12345678
こんな記事も読まれています

またまた立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!「タクシーの中で、無言でズボンのチャックを下ろし……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真