日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!
週刊誌スクープ大賞

またまた立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!「タクシーの中で、無言でズボンのチャックを下ろし……」

 今週の第1位は、選挙で大勝した自民党が、消費税増税前に進めている「大増税」にメスを入れたポストの記事に上げたい。

 今度の選挙で、当分、選挙はない。ポストによると、来年の18年は、大型選挙のない「空白の1年」になるという。

 選挙の心配がなければと、財務省がやろうとしているのが「所得税改革」だ。

 なぜなら、2年後に消費税を10%に値上げすると、所得税を増税するとはいい出しずらくなるからだ。

 所得税増税のターゲットはいつもサラリーマンである。まずは「給与所得控除」の廃止・縮小が盛り込まれるという。

 現在、年収632万円の会社員には約180万円の給与所得控除が認められている。だが財務省は、本当の必要経費は「年間約25万円」と試算しているというのである。

 こうなると、ワイシャツ1枚、1,000円床屋さえ、年に何回しか行けないことになる。

 しかも180万円の所得控除が25万にまで縮小されると、所得税・住民税の合計額が一挙に約45万円増えるという。

 財務省はこうすれば、所得税の税率を1%も上げずに、控除額を縮小させるだけで税金が増える、打ち出の小づちなのだ。

 当然、年金生活者の懐からも奪っていく。年金収入には120万円の「公的年金等控除」が認められ、夫婦2人なら年収208万円以下は実質的に非課税になっている。

 これが廃止されると、月額15万円の年金を受給している高齢者は、所得税・住民税が年間18万円にアップするそうだ。

 高齢者抹殺計画と呼んでもよかろう。そのほかにも、日本から外国に行く旅行者から1人1,000円を徴収する「出国税」や、住民税に数百円を上乗せする「森林環境税」、電子たばこへの課税なども考えている。

 現在は40歳から払う介護保険料を20歳以上からとることも検討しているそうだ。その上、消費税が上がれば便乗値上げが必ずある。

 安倍政権に投票した物好きな有権者も、彼に白紙委任した覚えはないはずだ。

 トランプ米大統領の長女、大統領補佐官のイバンカ(36)に、彼女が立ち上げた基金「女性起業家資金イニシアチブ」へ、安倍首相は気前よく5,000万ドル(約57億円)を出すことを表明した。

 誰のカネだと思っているのだ。そのカネを恵まれない家庭に配ったほうがよほど役に立つ。

 外遊しては、その国へ大金を寄付する安倍に、もっと日本人は怒りをぶつけるべきだ。

 無駄な総選挙に600億円、トランプの来日に使われた莫大な警備費。一日借り切ったゴルフ場への支払い。

 安倍政権は無駄の塊である。こんな政権はいらない。つくづくトランプ来日のバカ騒ぎを見ていて、そう思う。

【巻末付録】

 今週も見るべきものは少ない。ポストは、PRESTIGEというAVメーカーの「超絶美女列伝」。袋とじはAmazonなどがやっている電子書籍販売サイトからダウンロードできるデジタル写真集「解禁グラビア写真集の興奮」。「インスタで尻を見せたがる女たち」

 現代は、「アジアで人気の『たわわ娘』篠崎愛」。「鈴木心春 22歳の『恥ずかしい無毛ヌード』」。袋とじは、またまた出ました!「ピーター・リンドバーグ 世界的巨匠が撮り下ろした完全未公開ヘアヌード 石田えり」。56歳のえりが講談社から出す(12月16日発売)写真集から選んだものだ。

 私が彼女の写真集を手掛けたのはたしか1992年だった。あれから四半世紀以上が経つ。懐かしいが、あの時のような大ベストセラーになることはないだろう。

 NHKの『ニュースウオッチ9』で、えりのインタビューをやっていた。「いくつになっても挑戦したい」との言やよし。

 これでいけば、80歳、90歳のヘアヌード写真集が出るかもしれない。見たくはないけどね。

 今週は、熱意の感じられないポストを石田えりの熱い思いが圧倒した。現代の勝ち!
(文=元木昌彦)

最終更新:2017/11/13 18:53
12345678
こんな記事も読まれています

またまた立憲民主党議員に強制わいせつ疑惑!「タクシーの中で、無言でズボンのチャックを下ろし……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真