日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 日馬富士、朝青龍の注意も届かず

ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」

BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■01/日馬富士 公平/横綱』(ベースボールマガジン)

 大相撲の横綱・日馬富士が、幕内力士の貴ノ岩に暴行を加えていたことが判明。横綱の進退問題が浮上している。

 関係者によれば、日馬富士の暴行事件は10月25日深夜に起きた。巡業で鳥取を訪れた際、宴席で酒に酔った日馬富士が、貴ノ岩の日頃の態度を叱責。その最中に貴ノ岩の携帯電話が鳴り、貴ノ岩が操作しようとしたところ、日馬富士の怒りが爆発し、素手やビール瓶などで殴打したという。現在、大相撲は九州場所の開催中だが、日馬富士は3日目から休場している。

 貴ノ岩が暴行を受けた翌日も巡業に参加していたこと、貴ノ岩の診断書が公表されるまでにタイムラグがあったことなど、疑問点も多い今回の暴行事件だが、日馬富士の酒癖の悪さは関係者の間では有名で、こうした事態を予見していたのが元横綱・朝青龍だという。スポーツライターが語る。

「モンゴル勢では、朝青龍が2010年に暴行事件で“クビ”になりましたが、その朝青龍と親しいのが日馬富士です。白鵬が朝青龍とは一定の距離を置いているのに対し、日馬富士は朝青龍を兄貴分と慕っていて、母国や日本でたびたび酒を飲んでいます。そんな朝青龍は酒のトラブルで角界を去ったわけですが、日馬富士の酒量は、朝青龍や白鵬を上回ります。角界には、『ビールならどれだけ飲んでも酔わない』という元大関・小錦や、日本酒を毎晩5升(=9リットル)以上飲んでいたという元大関・魁皇など、酒にまつわる力士の伝説が数多くありますが、日馬富士は、あの朝青龍に飲み過ぎを注意されたといいますから、筋金入りの呑兵衛です。酒でしくじった兄貴の忠告も、日馬富士には届かなかったということですね」

 貴ノ岩の師匠の貴乃花親方は、被害届を取り下げない意向だが、再び日馬富士の姿を土俵で見ることはできるのか? 週刊誌のスポーツ担当記者はこう語る。

「相撲界では、2007年に若手力士が暴行を受けて死亡する事件が起き、暴力的な体質が明らかになりました。この事件では、親方が『かわいがってやれ』と指示していたことが明らかになり、親方は裁判で実刑判決を受けています。朝青龍の件もありますし、相撲協会が今回の事件を見逃せば、『相撲界は、やっぱり……』と言われてしまう。このまま辞めさせられる公算が極めて高いでしょう。ただ、日馬富士にわずかな望みがあるとすれば、先場所、白鵬、稀勢の里、鶴竜が早々に休場するなか、日馬富士が一人横綱を務め、見事に優勝したことです。日馬富士は5日目までに3敗を喫しましたが、4横綱が全員休場すれば、猛批判が起こることは必至だったため、そのまま出場し続け、最終的には優勝しました。いわば白鵬、稀勢の里、鶴竜は、日馬富士に1つ大きな借りがあるので、彼らが助け船を出す可能性はゼロではないでしょう」

 角界を席巻するモンゴル勢だが、一度、酒の飲み方を学んだほうが良さそうだ。

最終更新:2017/11/17 23:00

ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真