日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “美人”プロボクサーを苛んだ二重のプレッシャー

『家、ついて行ってイイですか?』“美人”プロボクサーを苛んだ二重のプレッシャー

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『家、ついて行ってイイですか?』美人プロボクサーを苛んだ二重のプレッシャーの画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 3月23日放送『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)は、3時間半の拡大版。題して、「春よ来い! 新たな1歩踏み出したい人たちSP」であった。

美人プロボクサーが持つ、マイク・タイソンばりの癖

 北千住駅前でスタッフが「インタビューに答えていただくと何かイイことあるかも?」というプラカードを掲げていると、1人の女性が近付いてきた。仕事帰りという彼女の名前はなつきさんで、年齢は25歳。職業は事務職だそうだ。

 というわけで、スタッフは彼女の家へついて行くことにした。自宅は駅から近いため、取材謝礼としてコンビニで好きな物を買ってもらうことに。なつきさんが購入したのは、水、卵、ほうれん草、ブロッコリーなど健康的なものばかりだった。そんな中、1つだけクリームぜんさいが混じっているのが可愛らしい。

 家に向かう間、歩きながらインタビューが行われている。

――彼氏さんはいらっしゃるんですか?
なつき 「いないです……えっ、私ですよね?」
――はい。モテそうじゃないですか。
なつき 「そんなことないです。モテないですよ」

 いや、モテそうだ。家に到着し、マスクを外してもらうと、素顔がメチャクチャ綺麗なのだ。しかも、今の彼女はすっぴんに近い。すっぴんでこれは芸能人レベルである。

 しかし、部屋の中は殺風景。引っ越してきたばかりとのことだが、だとしてもボーイッシュな雰囲気だ。部屋だけ見れば、男性なのか女性なのかまったくわからない。寝るためだけの部屋といった感じ。4.8帖の1Kにはブルーの布団しかなかった。

「風水で『青い布団にすると仕事運が上がる』って。やる気が出るみたいな話だった気がします。やる気はあります、毎日」(なつきさん)

 なつきさんは風水を気にするタイプらしい。だが、彼女がこの部屋を選んだ理由は風水ではない。ロフトに惹かれたそう。そして、ロフトに登るはしごには謎の白い布がかかっていた。

――なんすか、それ?
なつき 「バンテージ(笑)。ロフトの階段にいつも干してるんです。ボクシング用です。プロボクサーなんですよ」

 彼女の名は山田夏冴、アトム級のプロボクサーである。確かに、身体が締まっているのは服を着ていてもなんとなくわかる。ただ、彼女は綺麗な顔をしており、特に鼻が高い。試合で折られないか心配だ。でも、いろいろと合点はいった。コンビニでヘルシーなものばかり買っていたのは、アスリートだったから。だとすると、スイーツを買っていたのは減量開けだから? 冷蔵庫を開けると、そこにあったのは冷凍パスタだった。

なつき 「私、昼ごはんはスパゲティじゃないとダメなんですよ。スパゲティ食べると、力が出る気がして。だから、私の勝負飯(笑)」
――ボクシングしてて、アイスとかお菓子とか食べていいんですか?
なつき 「全然、自分次第っていうか」

 別に減量してなかったのか! ただ、パスタは意外にタンパク質が多い食べ物である。そういう意味でボクサー向きだ。もう1つ、彼女の食生活で知りたいことがある。

――お酒は飲まれます?
なつき 「お酒は飲みます。でも、結構制限してます。お酒は好きなんですよ、本当は。酔っちゃうとヤバいんですよ。人のことを噛んだりしちゃう……(笑)」

 マイク・タイソンじゃないんだから。“美人すぎるプロボクサー”として活動できる容姿だが、一方で“女タイソン”でもあったという。

 容姿のことばかりを持ち上げるのは女性アスリート軽視にあたるが、それでもこれだけの美貌だ、やはり彼女はすでに注目されていた。過去に取材を受けていたのだ。そして、そこで苦い経験をしている。

――誰かに似ているって言われたことあります?
なつき 「すごい嫌なトラウマがあって、大学入ったときに取材受けたんですよ。『上戸彩似』って出されちゃって、ずっとそれでイジられ続けてて」
――でも、上戸彩さんの雰囲気もわかります。
なつき 「(上戸さんは)巨乳じゃないですか、大きいじゃないですか? それですごいイジられて(笑)」

 おっさんみたいな視点で、上戸彩の特徴を挙げるなつきさん。やはり、取材慣れしている。もちろん、彼女は綺麗なだけじゃない。高校時代は全日本高校生の部で準優勝に輝いているのだ。つまり、日本で2番目ということ。その後、なつきさんはボクシング推薦で拓殖大学に進学した。

「高校も大学も父(山田渉)と一緒なんですよ。父みたいになりたかった。父がボクシングでソウルオリンピックに出て、私もオリンピックに出たいなと思ってボクシングをやってたんで」(なつきさん)

 彼女がボクシングを始めたのは、中学3年生のときである。山下智久、伊勢谷友介らが出演した映画、実写版『あしたのジョー』を見たことがきっかけだった。地上波ではもう再放送されないであろう、あの作品だ。その後、彼女はボクシングから1度離れたらしい。大学3年のときだった。

「私のお父さんのことも選手のときから知ってて、私によく声をかけてくれた人がいたんです。『あなた頑張ってたわね』みたいな。『でも、オリンピック選手の娘とは思えなかった』って……。また、泣いちゃう(苦笑)。ずっと、そういうこと言われてたんですよ」(なつきさん)

 高校も大学も種目も父と同じ道を選んだ娘。だから、比較されるのは仕方がない。しかし、今の彼女はプロボクサーとして道を歩み始めた。

「プロは父もやったことないっていうのもあったし、違う挑戦だぞっていう気持ちもあったから」(なつきさん)

 山田夏冴は人気が出そうである。というか、もう出ている? 最後は、彼女のパンチをスタッフが素手で受けるという段取りで取材VTRは終了した。

なつき 「シュッ!(ストレートを打つ)」
――痛てっ、痛ってえ(笑)!

 何をイチャイチャしているのかという。ファンからすればご褒美、役得でしかない。

12

『家、ついて行ってイイですか?』“美人”プロボクサーを苛んだ二重のプレッシャーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真