日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > “座間9人遺体事件”をめぐる報道

「フィギュア萌え族」「Nice boat.」からは隔世の感すらあった“座間9人遺体事件”をめぐる報道

「座間9人遺体事件 神奈川の男女の可能性(17/11/06) – YouTube」ANNnewsCHより

 とりあえず「マンガ・アニメが悪影響」といって、お茶を濁すのは過去のこととなりつつあるのか。

 座間市の「9人遺体事件」をめぐり、連日さまざまな報道が流れた。こうした猟奇的な事件は世間の耳目を集めるものだが、報道できる材料は限られている。そこで、一通りの報道の後に語られるようになるのが、犯行の原因や背景といったもの。大衆は犯行の原因を求めることで犯人は自分とは違う世界の人間だということを確認し、胸をなで下ろす。一部メディアは、犯行の原因を単純化し、絞り込むことで大衆に安心材料を与える。いわば共犯関係が成立しているわけである。

 だからこうした事件の時に、なにかと便利に使われるのが「猟奇的なマンガ・アニメ」などサブカルチャーの影響という表現である。

 ところが、今回の事件では、そうした報道は驚くほど出ていない。

「週刊文春」(文藝春秋)は、ネットでの予告動画で関係者の証言として「(白石隆浩容疑者は)アニメ見るのが好きだった。『ひぐらしのなく頃に』『School Days』とか」という言葉を報じたが、本誌では使われなかった。

 さらに自民党の山本一太参議院議員は、5日に出演したフジテレビ系『新報道2001』の中で「ゲーム感覚でやっている」「猟奇的なアニメの影響」と発言。これは、一部で物議を醸したが、本格的な炎上を前に山本議員がニコニコ生放送で「一世一代の失言だった」と謝罪したことで沈静化している。

 山本議員は、自民党のクールジャパン戦略推進特命委員長。発言した後で早々と謝罪したのは、同僚からも何かしらのアドバイスをされたことは想像に難くない。

 過去、猟奇事件にまつわるマンガ・アニメの扱いから比べると、情勢が大幅に変わっているのは確かであろう。

 すでにひと昔以上前の出来事になり、覚えている人も減っているだろうが21世紀に入っても猟奇事件に絡みマンガ・アニメが妙な形で取り上げられる騒動は幾度もあった。

 2004年に発生した奈良小1女児殺害事件では、ジャーナリストの大谷昭宏がテレビ番組の中で、事件の犯人を「いわゆるロリコンではなく<フィギュア萌え族>である」であると発言。その後犯人は逮捕されたが、犯人宅から発見されたのは、スクール水着に少女の下着を詰め込んだ謎のフィギュア(?)だけであった……。

 この「フィギュア萌え族」発言をめぐる問題では、一部メディアや人士からの批判も大きく展開された。それは現在から見ると、ひとつの転換の契機であったとも思われる。

 00年代にもうひとつ注目されるのは、07年に発生した『School Days』『ひぐらしのなく頃に解』などアニメの地上波放送が中止されるに至った京田辺警察官殺害事件である。これは当時16歳の少女が警察官の父親を手斧で斬りつけて殺害した事件であった。

 この事件を受けて、放送中であった『School Days』『ひぐらしのなく頃に解』に事件を想起させる表現があるということで、放送が中止されたのである。中でも『School Days』は、卑劣な主人公が、ようやく殺される最終話が放送中止になり、代わりに放送された海やボートの映像に、ネット上で「Nice boat.」とコメントが付いたことなどで大きな話題となった。


12
こんな記事も読まれています

「フィギュア萌え族」「Nice boat.」からは隔世の感すらあった“座間9人遺体事件”をめぐる報道のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真