日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 紅白ウンナン競演の鍵は”出川哲朗”

『紅白』内村光良抜擢で“実質解散状態”ウンナンコンビ競演のキーマンは「出川哲朗」か

『イッテQ! エブリデイ出川語録2』(日販アイ・ピー・エス)

『第68回NHK紅白歌合戦』の総合司会にウッチャンナンチャンの内村光良が抜擢された。芸能人の総合司会としてはタモリ、みのもんた、黒柳徹子に次いで、史上4人目の快挙となる。そこで注目されるのが、当日のコンビ共演である。

 近年のウッチャンナンチャンは、ピン活動に重きが置かれ、実質解散状態にある。だが、『紅白』の場に相方の南原清隆がなんらかの形でお祝いに駆けつけることは予想される。現状ではポケットビスケッツ復活、はっぱ隊復活などが取りざたされているが、どちらも可能性は低そうだ。

「ポケットビスケッツは『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)の企画から生まれた音楽ユニットです。ポケビの愛称で知られ、千秋、内村、キャイ~ン・ウド鈴木からなり、南原はプロデューサーの南々見狂也として出演していましたが、のちに対立色を強め、ビビアン。スー、キャイ~ン・天野ひろゆきらとブラックビスケッツ(通称ブラビ)を結成。多くのヒット曲を生み出します。一方のはっぱ隊は『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)のコントのキャラクターから生まれた音楽グループ。ウンナンのほか、ビビる(解散)、ネプチューンが参加していました。どちらも10年以上前の他局の番組企画ですから『紅白』で復活させるにはハードルが高い。さらにビビアン・スーは日本の芸能界は引退状態、ビビるの大内登は引退済みとあって、このために呼び寄せることも難しいでしょう」(業界関係者)

 そこで紅白でのウンナン共演のキーマンとなりそうな人物が出川哲朗だ。

「出川はウンナンの2人とは専門学校の同級生であり、共通の友人です。さらに、2017年にもっともブレークしたタレントのひとりであり『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での体を張った活躍はもとより、冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)も好調。さらにガス会社のCMキャラクターに抜てきされるなど、老若男女に受ける存在ですから『紅白』の場にもふさわしいといえるでしょう。久々のウンナン共演のうまい橋渡し役となるかもしれません」(同)

 今年の『紅白』では、思わぬサプライズが期待できるかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/11/25 06:00
こんな記事も読まれています

『紅白』内村光良抜擢で“実質解散状態”ウンナンコンビ競演のキーマンは「出川哲朗」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真