日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 「道路標示」を勝手に描き足す中国人

渋滞イヤだ! 駐車スペースがない! ペンキを片手に「道路標示」を勝手に描き足す人々

山東省浜州市では、公道に駐車スペースの線が勝手に引かれていた

 また、「大衆網」(11月29日付)などによると、山東省浜州市では、駐車が禁止されている路上に駐車スペースの線が引かれているのを、パトロール中の警官が発見。通り沿いにある店舗が、各々の店の前に勝手に線を引いたのだという。当局は、クルマを止める際には駐停車禁止の標識がないかを確かめるとともに、白線がはっきり描かれていて太さが均一であるかを確かめるよう呼びかけている。

正規に引かれた駐車スペースの線
偽造された線。まったく見分けがつかない

 こうした交通表示の書き換えは、“偽造大国”中国の、新たな潮流といえそうだ。
(文=中山介石)

最終更新:2017/12/16 14:00
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

渋滞イヤだ! 駐車スペースがない! ペンキを片手に「道路標示」を勝手に描き足す人々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

 3月に刊行されたコミック『失恋めし 京都・奈良・大阪・神戸編』(KADOKAWA)...
写真