日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > “パンキッシュ女芸人”モリマン復活か

“パンキッシュ女芸人”モリマン復活の兆し! コンプライアンス時代に「ブス芸人」は、どう生きるか?

 1月2日に放送された『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(テレビ朝日系)に出演したモリマンのホルスタイン・モリ夫に注目が集まっている。

 今年も番組の名物企画「英語禁止ボウリング」が行われ、ナインティナインと志村・鶴瓶チームが対決を行った。この企画ではストライクを出すと美女のキスなどの「ごほうび」が受けられる。ただし岡村隆史には、モリ夫が登場しキスをするネタが恒例となっている。

「今年もモリ夫は登場しましたが『コンプライアンス』が厳しすぎるので、キスができないと躊躇します。『時代が変わった』と渋るモリ夫に、『毎年楽しみにしている』岡村がキスを迫るくだりが見られました。最終的にモリ夫はロボット『MO-3PO』として登場し、股間のチップを取ることでロボットが覚醒、岡村と濃厚なキスを交わしました。毎年恒例のくだりではありますが、昨今のテレビ制作現場を皮肉った『コンプライアンス』のフレーズは、ネット上でも話題となりました」(放送作家)

 そこで期待されるのがモリマンの再ブレークだろう。折しも1990年代リバイバルブームが来ている。『タモリの超ボキャブラ天国』(フジテレビ系)では過激な下ネタでブレークした彼女たちの姿を、再び全国区で見られるのではないだろうか。

「確かにモリマンの存在は、現在の女芸人が持つ『ひたむきな純粋さ』や『あえて女を捨てる下品さ』とは異なる毒気があふれていましたね。下ネタ、ブスネタの内容もセックスや妊娠を露骨に押し出すものであり、いわばパンキッシュなノリがあったといえるでしょう。マンネリ化と『コンプライアンス強化』が進む現在のテレビ業界において、強烈なインパクトとなることは間違いないでしょう」(同)

 モリマンは現在、出身地の北海道に戻りローカルタレントとして活躍している。さらにモリ夫は副業でスナック経営も行っている。すっかり落ち着いてしまったように見えるが、モリマンにもうひと暴れを望む往年のファンは多そうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/01/15 12:00
こんな記事も読まれています

“パンキッシュ女芸人”モリマン復活の兆し! コンプライアンス時代に「ブス芸人」は、どう生きるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真