日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジが“報道向きの人材不足”を露呈!

フジが“NHKの麿”登坂淳一アナを引き抜き……“報道向きの人材不足”を露呈!

フジテレビ公式サイトより

 低迷するフジテレビが、4月改編で報道番組の大幅なテコ入れを断行する。中でも、夕方の『みんなのニュース』は、『プライムニュース』(正式タイトルは未定)として、大幅にリニューアルし、出演者を一新。“NHKの麿(まろ)”と称され、11日付で同局を退局した登坂淳一アナをメインキャスターに起用することを決めた。登坂アナは16日付で、大手芸能事務所ホリプロの所属となり、今後はフリーで活動する。

 登坂アナは東京都出身で、法政大学卒業後の1997年4月に同局に入局。和歌山放送局、大阪放送局を経て、2004年に東京アナウンス室に異動。『NHKニュースおはよう日本』『首都圏ニュース』、正午など定時の『NHKニュース』を担当。上品で公家っぽい雰囲気を醸し、口調も穏やかなことから“麿”と呼ばれるようになり、一躍人気アナとなった。

 しかし、10年春に惜しまれつつ、札幌放送局へ異動。11年3月に発生した東日本大震災の際には、応援要員として、しばらく全国ネットのニュースに登場し、ファンを喜ばせたこともあった。その後、14年に大阪放送局に、17年には鹿児島放送局に転勤となり、地方勤務が続いていた。それでも、昨年12月に発表された「第13回好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン調査)では9位にランクインしており、今でも根強い人気を誇っている。

『みんなのニュース』は、『FNNスーパーニュース』の後継番組として、15年春に放送開始。当初は午後3時50分から190分放送の大型報道番組で、MCには人気者の伊藤利尋アナ、生野陽子アナ、椿原慶子アナを起用し、テコ入れを図った。しかし、低視聴率が続き、わずか1年で放送枠が1時間縮小。昨年10月の改編では、生野アナ、椿原アナが降板し、ベテランの島田彩夏アナに交代したが、視聴率は4%前後で苦戦している。

 今回、大刷新を図るべく、NHKから登坂アナを引き抜くという大胆な戦略に打って出たフジだが、裏を返せば、男子も女子も、局内に“報道向きアナウンサー”の人材が不足していることを露呈した格好だ。

「フジ=バラエティとの印象が根強く、長年フリーの安藤優子キャスターに依存していたことも、報道アナが育ちにくい土壌になっていたのでしょう。数少ない“報道系”だった大島由香里アナは結婚、出産のため、昨年末で退社。秋元優里アナは新年早々、W不倫スキャンダルで吹っ飛んでしまいました。椿原アナは夜のニュースを担当しており、現状で精いっぱい。男子では報道番組を任せられるようなアナウンサーがおらず、フリーアナに頼るしかないのでしょう」(テレビ制作関係者)

 フジは“登坂人気”にすがって、他局の報道番組に一矢報いたいところだろうが、不安な声も漏れ伝わってくる。

「登坂アナは“NHKの次期エース候補”と期待されていた人物。しかし、札幌勤務時代に女性問題でトラブルを起こしたため、出世コースから外れ、ドサ回りが続いているとのウワサもあります。登坂アナほどの人気をもってすれば、一定期間の地方勤務を経て、本来なら東京に戻されるところですが、一向にその気配はなかったようです。さすがに、昨年大阪から鹿児島に飛ばされて、登坂アナも観念したのでは。そんなタイミングでフジから声が掛かったのですから、願ったりかなったりだったのでしょう。ただ、こうなると注目度も格段に上がるので、女性問題でスキャンダルを起こさなければいいのですが……」(同)

 フジでは、昨年8月、『ユアタイム』でMCを務めていた、モデルの市川紗椰と、野島卓アナウンス室デスク担当部長との半同棲が報じられた。不倫ではなかったが、報道番組のキャスター同士の交際はほめられたものではない。そして、今回の秋元アナの不倫疑惑で、フジ局員の倫理観に疑問符がついている。周囲の不安を一掃して、登坂アナの起用が、プラスへとはたらくことを願いたいものだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/01/24 14:00

フジが“NHKの麿”登坂淳一アナを引き抜き……“報道向きの人材不足”を露呈!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破。2001年公開の『千と千尋の神隠し』超えも!?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真