日刊サイゾー トップ > 社会  > 茨城県北ジオパークが“認定取り消し”

特に行きたい理由のない県・茨城県の椿事 茨城県北ジオパークが史上初の“認定取り消し”処分

茨城県北ジオパーク 公式サイトより

 どんなにひどい運営体制だったのか。日本全国に広がっている「ジオパーク」の認定。その中で昨年12月、茨城県北ジオパークが史上初となる認定取り消し処分を日本ジオパーク委員会から宣告され、物議を醸している。

 ジオパークとは、いわば大地の公園。地質や自然地形などで貴重なものを保全し、次世代へと伝えるための教育事業などを行う施策で、各地でその整備が進められている。日本では、日本ジオパーク委員会が認定を行い、現在のところ洞爺湖有珠山ジオパークや糸魚川ジオパークなど、8地域が世界ジオパークとしても認定されている。いうなれば、地質学における世界遺産のようなものである。

「ジオパークというのは、単なる地質学的に貴重な土地を保存するものではありません。公的機関や民間団体などを通じて教育活動なども行われることが求められます。単に、珍しい地形を保存して観光に用いようというものではないのです」(自治体関係者)

 茨城北ジオパークは、県内の五浦海岸や千波湖などを特色のある「ジオサイト」として2011年に認定。ところが、官民でつくる県北ジオパーク推進協議会の職員不足や、紹介する施設が少ないなどの問題点を指摘され、15年には2年間で対策を取ることを求められる「条件付き再認定」を突きつけられていた。

 今回の現地審査で、委員会は企業やガイド、学生などの活動を評価する一方で、連携不足と運営体制の脆弱性などが改善されていないことを理由に認定取り消しの判断を下したのである。

 事情を知る茨城県の関係者は「認定取り消しに対する関係者の怒りの声そのものが、取り消しの理由を露わにしている」と語る。

「関係者の間では“組織うんぬん以前に活動は努力している”というような声が多く、認定を取り消した委員会を“権威主義者の団体”と呼ぶ声もあります。さらに“地域活性化のために……”と怒っている人も多いんです。どうも、新たな観光資源ととらえ、勘違いしたままの活動を修正できないでいた印象です」(同)

 その観光資源として生かす方法にしても、公式サイトを見ると、どこかズレている感じが伝わってくる。見どころの説明もイマイチわかりにくい上、本題である、何がどう貴重なのかも説明できていないのだ。

 特に行きたい理由もない県としては、上位に名前が上がりがちな茨城県。これで心折れるのではなく、再認定に向けて本腰を入れてほしい。
(文=特別取材班)

最終更新:2018/01/27 21:00
関連キーワード

特に行きたい理由のない県・茨城県の椿事 茨城県北ジオパークが史上初の“認定取り消し”処分のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん、プライベートの素顔

 昭和のテレビ界を席巻したザ・ドリフターズの...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真