日刊サイゾー トップ > 芸能  > ケーシー高峰“83歳の矜持”を見た

『報ステ』極寒の景勝地で下ネタ連発! コメディアン・ケーシー高峰“83歳の矜持”を見た

『ゴールデン☆ベスト ケーシー高峰』(EMIミュージックジャパン)

 27日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、83歳のコメディアン・ケーシー高峰が、氷点下の雪山で凍えながら下ネタを連発するという不思議な映像が放送された。

 

■氷点下7度

 

 それは「絶景を、その土地の言葉で伝える、お国言葉中継」の企画で、過去に、お笑い芸人・はなわが佐賀の棚田から中継したり、なすびが福島の大内宿から中継したり、西川のりおが奈良の佛隆寺の千年桜の前でホーホケキョをしたりしている枠。

 この日も、はれのひ社長会見やインフルエンザ過去最多などのニュースが放送された後、このコーナーが始まった。メインキャスターの富川悠太アナウンサーから今日の中継先が玉簾の滝(山形県)であることが伝えられる。

「大寒波が押し寄せています。どんな景色になっているんでしょうか? 紹介していただくのは、この方です」

 切り替わった画面に映っていたのは、降りしきる雪の中、傘も差さず凍えるケーシー高峰。

 大寒波が襲来してる深夜の雪山で、寒さで顔が引きつっているのがわかる。雪まみれで顔面を硬直させたケーシーが映るやいなや、その「画の力」だけで思わず小さく笑ってしまう小川彩佳アナ。笑っちゃいけないときに面白くなっちゃうアレだろう。その直後ケーシーが「グラッチェアミーゴ!」と往年の決め台詞を発し、富川アナも笑い出すのだが、小川アナは、その前から見た目で笑っちゃってた。面白かっただけに同情する。

 ケーシーいわく、氷点下7度で「寒いなんてもんじゃねー!」らしい。恐縮する両アナウンサー。

「さっきね、宿出るときはね、排尿しようと思ったら、元気だったの」

 寒さのためか、この時点で「排尿」という言葉が聞き取りづらく、見ていて「搬入?」「俳優?」「ん?」という気持ちになったが、それでも気を使って聞き取れてるような顔をして、やり過ごす両アナ。

「(宿では元気だったけど)今もうね、排尿しようかと思っても、なんかその猶予がなくて……」

 ここで初めて「おしっこが出にくいくらい寒いって意味なんだな……」と気づいた小川アナが「あぁー……」と同情の息を漏らし、申し訳なさそうな顔をする。その直後だった。

「これを『シッコー猶予』と言う」

 ネタだった。渾身の。そして、往年の。医事漫談で一世を風靡したあのスタイル。

「なるほどー(笑)」と富川アナが笑うのに対し、固まった笑顔で2度お辞儀をする小川アナ。笑うというより、慈しむ気持ちが前に出ている感じ。「外で排尿というのも、あまりよくないですけど」と、報道丸出しのフォローをする富川アナ。

 ちゃんとダウンの下に白衣(いつもネタのときは白衣)を着ていることについて触れられると、「ずっと白衣着てるけど、患者一人も来ないんだよね」。

 小川アナが、とても笑っている。面白かったからというより、安心できる冗談だったから。やっと大手を振って笑える、ちょうどいい内容が来たから。

「ところでね、この滝は人口の滝なんですよ」

 またケーシーが、なんか言いだした。

「自然の滝じゃない、人の手で作られた滝なんです」

 ワイプの中の2人は、真意を汲み取ろうと必死な形相。「そうなんですか?」と富川がつないだ直後、「ええ、作った人は滝廉太郎」。後期高齢者とは思えないペースでネタを打ち込むケーシー。爆笑する2人。

「どういう意味だ? ネタか? 真実か? 前振りか? 前振りなのか? 真意を汲み違えないようにしないと……滝廉太郎? あ、滝だからか! 滝と滝をかけたんだな! あーーよかった汲み取れたーー!! 腰を折らなくてよかったーーー!」という笑い。緊張と緩和。意図が掴めない話だと思ってたらダジャレ。

 安堵とともに「玉簾の滝は違いますよね」「自然の滝ですよね」「弘法大師が見つけたっていう滝ですよね」と、すかさず訂正の波状攻撃を滑り込ませる両アナ。


12
こんな記事も読まれています

『報ステ』極寒の景勝地で下ネタ連発! コメディアン・ケーシー高峰“83歳の矜持”を見たのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...…
写真