日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンナチュラル』脚本家は予言者?

連続殺人に仮想通貨トラブル……『アンナチュラル』脚本家は予言者なのか?

 実は今回、普段から本心を語らないミコトに対して、東海林が不満を述べる場面があったんですね。ミコトとしては、幼少期に一家心中で1人だけ生き残ったという事実を隠したいがため、心を開ききれないというもどかしさがある。そして、警察に追われストレスの溜まる状況だったこともあり、“友達ではなく、ただの同僚”と自分たちの関係性を決めつけ、やや険悪なムードになってしまいます。

 しかし、事件が解決してホッとすると、肩を寄せ合い居酒屋へ。照れくささから口ではお互いに「ただの同僚」と言い合うものの、その姿は紛れもなく友情に満ちているのです。

 一方、岩永ら4人は、表向きには学生時代からの親友同士。しかし実際には、犯罪で結びついただけの縁であり、1人が利己的な行動に出てしまえば呆気なく崩壊してしまうのです。

 そんな、ミコトと東海林、岩永らを対比させることで、今回のサブタイトルに用いた“友達じゃない”という言葉ひとつ取っても、さまざまな関係性があるのだということを、うまく表現していたと思います。殺人のトリックや真相究明に関してはやや平凡だったものの、人間がしっかり描かれていたため見応えがありました。今回で第6話と折り返し地点を迎えましたが、次回からますます目が離せなくなりそうです。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/02/23 17:00
12
こんな記事も読まれています

連続殺人に仮想通貨トラブル……『アンナチュラル』脚本家は予言者なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真