日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > アメリカに中国製の銃が大量流入

フロリダ銃乱射も!? アメリカに中国製の銃が大量に流入していた

フロリダ銃乱射で使用されたAR-15。中国製も多数あるというC) Tac6 Media

 2月15日に起こった米フロリダ州パークランドの高校での銃乱射事件では、生徒と教師の計17人が犠牲となり、アメリカ中を震撼させた。昨年10月にはラスベガスで50人もの死者を出した銃乱射事件も起こっており、銃規制を訴える米国民の声は最高潮に達している。こうした中、米国メディアのある指摘が注目を集めている。

「ボイス・オブ・アメリカ中国語版」(2月21日付)などによると、今回の銃乱射事件では中国製のAR-15ライフルが使用された可能性が高いという。アメリカでは近年、安価な中国製の銃がまん延しており、毎年10万丁以上の民間用の銃が中国から輸入されているという。米政府は武器輸入に関して厳格な規制を設けているが、中国は「規制外」となっている民間用の銃のみを輸出し、規制を免れているという。米アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)によると、2016年に約14万丁の散弾銃(ショットガン)が中国から輸入されたいう。さらに13年に中国から輸入された約23万丁の銃のうち、4,000丁あまりは殺傷能力の高いライフル銃だった。

中国製のショットガン(参考資料)

 前出メディアは「中国自身は国民に銃所持を認めておらず、かつアメリカの銃社会を猛烈に批判しているにもかかわらず、80年代から米国に銃を輸出し続けている」と、その矛盾した行為に疑問を呈している。クリントン政権時代に中国製銃器の輸入は全面的に禁止されたはずだが、散弾銃は対象外となっており、現在アメリカで、最も容易に入手できる散弾銃は高い人気を集めているという。

「散弾銃の場合、中国製だとアメリカ製の半分くらいの値段なので、人気があります。AR-15も人気ですが、中国製だと5万円くらいから買えます。中国製の銃パーツというのも結構流通していて、米国内で購入できるAR-15のパーツは、ほとんど中国製だと思います。パーツ単体だと輸入規制を受けないので、種類も豊富です。家電やスマホと一緒で、一昔前は中国製の銃も『安価だけど、壊れやすい』という印象でしたが、最近では『安いし、意外と使える』ということで、みんな意識せず購入している感じですね」(米国在住の記者)

 また近年では、アメリカの銃愛好家の傾向として、安価な中国製のノックオフ銃をまず購入して、気に入ればアメリカ製の本物を買うのだという。初めて銃を買う層にとって“入口”となるのが中国製の銃になっているのだ。安価な銃でアメリカを「銃まみれ」にさせて破滅に追い込む――これも中国の巧みな“戦略”なのかもしれない。
(取材・文=富津克俊)

最終更新:2018/03/04 14:00
関連キーワード

フロリダ銃乱射も!? アメリカに中国製の銃が大量に流入していたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

指原莉乃は今日もテレビのどこかで誰かに言及し・言及されている

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真