日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 三瓶の「地元回帰」は平愛梨が原因か

もう“アモーレ”に寄生できない!? お笑い芸人・三瓶の「地元回帰」は、平愛梨の露出減が原因か

吉本興行公式サイトより

 お笑い芸人の三瓶が、故郷の福島県に活動拠点を移すことを発表した。東京での仕事も引き続き行うが、すでに福島と宮城で情報番組のレギュラー出演が決まっており、今後は福島県を中心に、東北6県にまたがって人気芸人を目指すという。

「自分の活動が地元の震災復興の一助になればいいなどと、会見では語っていましたが、要は“仕事がない”ということでしょう。東京の民放キー局のレギュラーは、『もしもツアーズ』(フジテレビ系)のみですからね。たとえ落ち目の芸能人でも、一度でも東京で売れれば、故郷ではスターだし、ローカル局の仕事だってそれなりにある。地元では実家に住むそうなので、家賃も浮くし、意外に悪くない選択かもしれませんよ」(芸能ライター)

 三瓶は2001年に「三瓶です!」の自己紹介ギャグでブレークしたものの後が続かず、雑誌の「来年消えそうなお笑いタレント」の1位に何度も選ばれるなど、典型的な一発屋芸人。それでも趣味のサッカー関連の番組に出演したり、平愛梨など仲のいい芸能人との絡みでバラエティ番組に出演したりすることで、なんとか現在までしぶとく生き長らえてきた。

「平がサッカー日本代表DFの長友佑都(トルコ1部・ガラタサライ)と結婚した際には、2人のキューピッド役として露出が激増し、ちょっとした“アモーレ特需”でした。しかし、三瓶が地元に活動拠点を移す決断をした理由は、その平にありそうです。というのも先日、彼女は出産しましたが、当面は子育てなどで芸能活動を控えるはずなので、そうなると三瓶の露出のチャンスも激減する。だったら、地元に戻ってローカルタレントとして活動したほうがいい、ということでしょう。一発屋芸人の悲哀でしょうね」(同)

 新ギャグなど、自身の芸で一発屋から脱却できるほどの器量がなかった三瓶は、ヤドカリのようにサッカーや平に寄生しながら延命を図ってきた。今度は、自分の故郷に寄りかかろうということなのだろう。

最終更新:2018/03/13 10:00

もう“アモーレ”に寄生できない!? お笑い芸人・三瓶の「地元回帰」は、平愛梨の露出減が原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

指原莉乃は今日もテレビのどこかで誰かに言及し・言及されている

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真