日刊サイゾー トップ > 芸能  > 江口洋介、佐藤浩市の助言で逆に……

存在感際立つ江口洋介、きっかけは佐藤浩市の“逆アドバイス”だった!

テレビ朝日系『BG~身辺警護人~』番組公式サイトより

 主役から、名脇役へ――。このところ存在感を増しているのが、俳優の江口洋介だ。フジテレビ系の大ヒットドラマ『ひとつ屋根の下』(1993、97)や『救命病棟24時』(99~)シリーズに主演するなど実績は十分。このクラスの役者となると「主演しかやらない」となりがちだが、江口は元SMAP・木村拓哉の連ドラ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で、身辺警護課と対立する警視庁SPの落合義明役を熱演するなど、主役にこだわらない活躍を見せている。

 そんな江口は、4月9日スタートのフジテレビ系『コンフィデンスマンJP』の初回放送にもゲスト出演予定で、悪徳財団の会長を演じるという。江口の“変化”の裏にあったものとは?

「先輩俳優の佐藤浩市さんですよ」

 そう明かすのは、某芸能マネジャー。江口は佐藤を尊敬し、たびたび役者としての将来を相談していたという。

 もともと酒席で役者論を語るのが大好きな佐藤はその際、江口に「自分を安売りするな! 主演のオファーしか受けるな」とアドバイス。これを真に受けてしまった江口は、しばらく出演作品を厳選していたというが……。

「当たり前ですが、業界で『江口さんは主演しか受けない』というウワサが広まり、仕事が減りました。ギャラも高いですからね」(テレビ関係者)

 ひと昔前の時代ならば、大物俳優はどっしり構えていればよかったが、移り変わりの激しい昨今の芸能界では、そうはいかない。前出芸能マネジャーによると「結局、佐藤さんのアドバイスは逆効果であることに気付き、数年前から脇役のオファーでも受けることにしたそうです。もともと実力は折り紙付き。いまや引っ張りダコですよ」という。

 今後もドラマや映画で欠かせない役者となるだろう。

最終更新:2018/03/18 06:00
こんな記事も読まれています

存在感際立つ江口洋介、きっかけは佐藤浩市の“逆アドバイス”だった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真