日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > イラストレーター・緒方氏の怒り

また調整能力のなさが露呈……『ブギーポップは笑わない』緒方剛志氏の怒りは電話一本ですんだハズ

TVアニメ『ブギーポップは笑わない』公式サイトより

 待望のアニメ化が話題となっている『ブギーポップは笑わない』。その盛り上がりに水を差す騒動になっているのが、原作小説でイラストを担当している緒方剛志氏の怒りのツイートだ。これをめぐって、またぞろKADOKAWAの調整能力のなさに呆れる声が出ている。

 この問題の発端となったのは、アニメ化が発表された直後からの緒方氏の一連のツイートだ。

 * * *

 * * *

 緒方氏は「僕は一ミリも仕事をさせていただいていない」などと発言。さらに、ティザービジュアルが公開されると「てめー誰だ。一回も見たこともない。家にコピー紙一枚、JPEG一枚来たこともない絵が公式とか言ってて笑う。笑わないのに」と激怒のツイートを繰り返したのだ。

 緒方氏の怒りの原因は、アニメ化にあたり、まったく携わることができていないこと。現在公開されているスタッフ一覧では、緒方氏は「原作イラスト」と表記。キャラクターデザインには澤田英彦氏の名前がクレジットされている。澤田氏はマッドハウスに所属し『ワンパンマン』の作画監督などを担当してきた人物。今回が初のキャラクターデザインでの参加となっている。

 どうも20年あまり読み継がれた名作のアニメ化でありながら、緒方氏本人は何ひとつ関わらせてもらえていない怒りが爆発した様子だ。

「もちろん原作のイラストレーターがアニメに口を出す権利なんてありません。とはいえ、緒方氏はキャリアも長いですし、作品もラノベ史上に名高い名作。当初注目されたのは、緒方氏のイラストも大きな要因でした。なのに、1ミリもアニメに関われないとなれば、あまりいい気分じゃないでしょう。編集者にはそれを察知して、話くらいつけておく余裕がなかったんでしょうか。またKADOKAWAか……と思ってます。電話の1本でもしておけばよかったのに、していなかったんでしょうか?」(あるラノベ編集者)

 なお、緒方氏の記した「ねじ式のキャラがわたせせいぞうの世界に来た気分」の作品は、江口寿史氏の短編集『江口寿史の爆発ディナーショー』(双葉社)に収録された「わたせの国のねじ式」で読めることは、記しておきたい。
(文=特別取材班)

最終更新:2018/03/28 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

また調整能力のなさが露呈……『ブギーポップは笑わない』緒方剛志氏の怒りは電話一本ですんだハズのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真