日刊サイゾー トップ > 社会  > 「JKビジネス」が形を変え再び増加!

摘発しているのに店舗は増加……「JKビジネス」が形を変えて息を吹き返している!

※イメージ画像(「Thinkstock」より)

 規制強化や摘発で下火になったかと思われた「JKビジネス」店舗が、再び増加しているという。

 3月に警察庁が発表した調査では、当局が把握している店舗は131店舗。6カ月前に比べて17店舗増加している。

 一時は、あちこちにJKリフレが溢れかえった秋葉原。相変わらず客引きは多く、不穏な空気を醸し出しているエリアもある。そうした中で、どういう形で店舗が増加しているというのか……。

「当局が問題視しているのは、いわゆるデリバリータイプのJKリフレのようです」

 警察事情に詳しい新聞記者は、そう指摘する。デリバリータイプのJKリフレは、数年前から登場したスタイルだ。実態としては、デリバリーヘルスと、さほどの違いはない。というのも、マニアの間では「かなりの高確率で、裏オプができる」といわれているのだ。

 中には「交渉次第では本番も可能」というリアリティのあるウワサも。本番が可能かどうかは明らかではないが、かなり大胆な行為も可能なようだ。

「そもそも、JKリフレは射精のない風俗というジャンルだったはずですが、デリバリータイプの店舗では、際どいラインを売りにしています。ラップ越しでキスとか、女のコがパンツで顔面騎乗とかも追加料金で可能だったり。ですので、店が禁止している性行為も、交渉次第でオッケーする女のコは多いんじゃないでしょうか」(風俗マニア)

 現状、警察当局が問題視しているのは、こうした違法な性的サービスの部分。ただ、問題となるのは、こうした明らかな違法行為だけではない。

 従来、摘発の危険性の高い店舗型のJKリフレなどを運営していた経営者らは、ガールズバー的な店舗へとスタイルを変貌させている。

 秋葉原などでは「コンカフェ(コンセプトカフェ)」などと称した店舗の客引きも増えているが、出自が出自だけに、治安悪化の要因になっている側面も。

 一時ほど騒がれなくなった「JKビジネス」だが、今後もさまざな形に変容し、問題を生んでいきそうだ。
(文=特別取材班)

最終更新:2018/03/29 23:00

摘発しているのに店舗は増加……「JKビジネス」が形を変えて息を吹き返している!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真