日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > “第2のまゆゆ”が変わり果てた姿に

“第2のまゆゆ”西野未姫の変わり果てた姿にAKBファン絶句「三銃士から三段腹に……」

西野未姫の公式インスタグラム(@nishinomiki_official)より

 元AKB48・西野未姫が、3月28日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、ゲスト出演。この日は「私たちそんなにブスですかSP」という企画だったのだが、久しぶりにテレビ出演した西野の姿は、アイドル時代から3割増の激太り。かつて“第2のまゆゆ”と呼ばれた美少女アイドルの変わり果てた姿に、ファンも「もはや面影すらない」「完全に力士」「芸人になったの?」と絶句したようだ。

 西野は第14期生として2013年にAKB48入り。岡田奈々や小嶋真子と並んで「三銃士」と呼ばれるなど次世代エースとして期待され、16年の選抜総選挙では300人以上いる中で61位にランクインしたこともある。

「人気メンバーでしたが、16年12月に突然卒業を発表。『週刊文春』(文藝春秋)で元ジャニーズJr.の植草裕太(現・樋口裕太)との深夜デートを報じられたのが、その理由だといわれています。その後は、元AKBの内田眞由美が経営する焼き肉店でアルバイトを始め、このあたりからSNSにアップされた激太り姿が、たびたびネット上をざわつかせることに。ファンからは『三銃士から三段腹に』と揶揄されていました」

 番組では“ドスコイ”ぶりだけでなく、同じ事務所の鈴木奈々を彷彿とさせるオーバーアクションや、独特のノリ、癖のあるしゃべり方には、MCの中居正広やバカリズムからも「なんなのその感じ?」「しゃべり方がブス」などと散々な言われようだった。

「アイドル時代とは違う、明らかに“作ったキャラ”でしたね。SNSでの反応はイマイチのようですし、アイドル時代のファンも離れてしまっている。“ポスト鈴木奈々”を狙ったのだとしたら、成功したとは言い難いですね」(アイドル誌ライター)

 元国民的アイドルのブスキャラ転身は、果たしてうまくいくのだろうか?

最終更新:2018/04/04 12:00
こんな記事も読まれています

“第2のまゆゆ”西野未姫の変わり果てた姿にAKBファン絶句「三銃士から三段腹に……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真