日刊サイゾー トップ > 社会  > 阿波踊りが地獄絵図を見せる徳島市

いよいよゴーストタウン化が加速化──阿波踊りが地獄絵図を見せる徳島市の断末魔

「阿波おどり会館」ホームページより

 運営側が、踊り歌みたいなことをやっていたら、地獄絵図になるのも当然だ。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の歌でも知られる徳島県の名物・阿波踊りが、開催の危機に瀕していることが明らかになり、にわかに注目を集めている。

 騒動の発端は、阿波踊りを主催する徳島市の観光協会が先月初め、4億円を超える累積赤字を理由に破産の申し立てをしたこと。たいていの地方には当たり前にある観光協会。それが、赤字で破産というのも驚きだが、問題はその理由だ。

 さまざま報じられている内容では、観光協会と共に阿波踊りを主催する徳島新聞社が毎年チケットを買い占め、雨天時のチケット払い戻しなどのリスク部分だけを押しつけるなど、不透明な運営が行われていたという。

 つまり、メディアをはじめさまざまな産業を牛耳る地域の権力者たちが、甘い汁だけを吸う構造が長年続いていたという、闇の深い事実が暴露されたわけだ。

 今回の破産申し立てを受けて、徳島市では新たな形での、阿波踊りの開催が模索されているが、徳島市は市が事務局を担う実行委員会方式を提案。対して、地元の連(踊り手の組織)でつくる阿波おどり振興協会は観光協会の存続を訴えており、開催されるかも危うい状況だ。

 こうした事態に、不安な気持ちを募らせる徳島市民は多い。

「そもそも、徳島市に人が集まるのは、阿波踊りとマチ☆アソビくらいしかないんですから……」(ある徳島市民)

 徳島市の経済規模の小ささを示す例として、よく引き合いに出されるのは、高層ビル。徳島県でもっとも高いビルはJR徳島駅に直結した「JRホテルクレメント徳島」の18階建て。もちろん四国四県のうちで、最下位である。

 信じられないことだが、1889年に市制が施行された時に、徳島市は全国でも第10位の人口を持つ巨大都市だった。しかし、その後は衰退の一途。1960年代には四国の県庁所在地中最下位になり、明石海峡大橋の開通後は、関西圏への便の良さから、加速度的にゴーストタウン化が進んでいる。

「マチ☆アソビのようなオタクイベントも定着し、その開催期間中はにぎわいますけど……。商店街の<アニメの街>とうたっている一角なんて、アニメイトと劇場はあるけど人はいない。オタクには便利ですけど、それだけじゃお金は回りませんよ……」(同)

 唯一、カネが入る手段として、永久に続くと思われていた阿波踊りの崩壊。徳島市は、いよいよゴーストタウン化してしまうのか。むしろ、ここで膿を出し切って観光都市として再生してもらいたいものだが……。

最終更新:2018/04/06 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

いよいよゴーストタウン化が加速化──阿波踊りが地獄絵図を見せる徳島市の断末魔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真