日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 木梨憲武“ギャラカット”も余裕なワケ

とんねるず・木梨憲武は“財テク王”だった! 「ギャラ9割カット」でも余裕のワケ

とんねるず・木梨憲武

 先月末でフジテレビの長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したとんねるずの木梨憲武に“ギャラ9割カット報道”が飛び出した。

 相方の石橋貴明は、4月から新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(同)をスタートさせたが、木梨のレギュラー番組はゼロ。「女性自身」(光文社)によれば、4月10日放送の日本テレビ系バラエティー番組『ウチのガヤがすみません!』に1周年記念ゲストとして出演した際のギャラは「30万円」。これは『みなさん』のわずか10分の1程度だという。同誌では安売りする木梨の今後を心配しつつも、お手ごろ価格で「オファー殺到も!?」と結んでいる。

 本当に木梨は焦っているのか? 答えは「NO」だ。木梨を知る芸能関係者の話。

「もともと自由人ですからね。芸能人や一流スポーツ選手との交友関係も広く、毎日楽しく生きたいだけのようです。ギャラうんぬんよりも、オファーの内容が面白そうだったら出る、それだけのことです。『2代目所ジョージ』のような立ち位置ですね」

 お金の心配もいらない。木梨家のお金の管理は妻で女優の安田成美が行っており、関係者によれば「何年も前から資産運用しています。動かしている金額も1億、2億のレベルではありません。利息や配当だけで悠々と暮らしていけるそうです」(事情通)という。

 長年、バラエティーのトップに君臨していた木梨の生涯収入は、低く見積もっても30億円を超えるという。独身時代は愛車を年イチのペースで買い替えるなど、散財することも多かったようだが、安田と結婚後は財テクにも余念がない。

「芸能人として最高の生き方。ストレスは皆無でしょう」とは、前出・芸能関係者。ギャラの9割カットなど、大した問題ではないようだ。

最終更新:2018/12/07 18:46
こんな記事も読まれています

とんねるず・木梨憲武は“財テク王”だった! 「ギャラ9割カット」でも余裕のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真