日刊サイゾー トップ > エンタメ  > Aマッソ『奥様ッソ!』の美点と欠点

Aマッソ『奥様ッソ!』フェイクドキュメンタリーとしての美点と欠点

※本稿には『Aマッソのがんばれ奥様ッソ!』のネタバレを含みます。ご注意ください。

Aマッソ『奥様ッソ!』フェイクドキュメンタリーとしての美点と欠点の画像1
『Aマッソのがんばれ奥様ッソ!』TVerより

 バラエティ番組『Aマッソのがんばれ奥様ッソ!』(BSテレ東にて2021年12月27日~30日全4回/以下、『奥様ッソ!』)が、SNSを中心に話題となっている。

 この番組はお笑いコンビ・AマッソをスタジオMCに据え、「おせっかい芸能人が世の奥様をお助け!」という建て付けで、声優・金田朋子がバツイチ子連れ夫婦の8人大家族(12月27日・28日放送分/本記事ではPart1とする)を、お笑い芸人・紺野ぶるまが山間にある集落に住む一家(12月29日・30日放送分/Part2)のもとを訪れるロケVTRを放送。VTR中はAマッソによるワイプ画面でのコメントが入り、合間には2人が夫婦生活にまつわるミニトークをスタジオで展開する構成だ。

 そんな一見のほほんとした情報バラエティ番組が、なぜ話題になっているのか。

 実は本作は、ドキュメンタリーの形式を取りながらも実はフィクションという”フェイクドキュメンタリー”の手法を取り入れたバラエティ番組なのだ。そうとは知らずに見た視聴者も見ているうちに違和感を覚え、映像に隠された裏設定に気づく仕掛けに気づいていく。結果、作中の伏線やメッセージに関する考察を含め、放送後に大きな盛り上がりを見せることとなった。

 話題になるバラエティ番組の常として、本番組もTVerで見逃し配信を実施。その紹介欄には「この番組は不自然です」という1文が仕込まれている。

 フェイクドキュメンタリー好きの筆者からすると、『奥様ッソ!』には素晴らしいところと気になるところがそれぞれあった。本記事では、その両者を取り上げ、さらにおすすめの日本のフェイクドキュメンタリーを紹介していきたい。そのため、ここでは『奥様マッソ!』劇中の伏線などを具体的に解き明かすような考察はあまり扱わない。

何が言いたいのか丸わかりのカメラワーク

 筆者の視聴のきっかけは、「事前情報を入れないほうが楽しめる番組」として本番組を取り上げた記事を読んだことだった。そこから興味を持ちTVerで視聴したのだが、先述の「この番組は不自然です」といった文言などもあり、観る前から本作がフェイクドキュメンタリー的番組であることは半ば予想がついていた。同じように、多少勘付きながら後追い視聴をした人は多かったのではないだろうか。

 フェイクドキュメンタリーと構えて番組を見始めると、Part1に登場する大家族の兄妹は全員顔立ちが似ておらず、妙に顔が整っているのも「この子たちは役者だろう」という確信を強めてくる。そして、番組開始から6分50秒頃、連れ子である長女がテーブルの下で夫に触れようとする様子を不自然にクローズアップするカメラワークで、「夫と長女が家庭内不倫をしている」というPart1の裏設定に早くも気づくことができる。その後も夫と長女の関係と、それをほかの兄妹が疎ましく思っていることを強調するカメラワークやカットがこれでもかと挟まれていく。

 このように、『奥様ッソ!』の一見した裏設定はすぐに気付けるようになっており、そこからの話の展開やドンデン返しはほとんどないように感じられる。ひとたび裏設定がわかってしまうと、タネのバレた手品を延々と見せられているような気持ちになってしまうだろう。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真