日刊サイゾー トップ > 海外  > 花嫁がカメラマンとハメ撮り
独身最後の思い出に?

挙式を間近に控えた花嫁、前撮りの合間にカメラマンと“うっかり”ハメ撮りで破談

鏡に映った自らの白いウェディングドレス姿に見とれる花嫁

 

 中国では、挙式を前に行われる結婚写真の撮影も、新婚カップルにとって一大イベントである。撮影隊を引き連れて風光明媚な場所まで出向き、花嫁衣装を身にまとってさまざまなポーズで撮影をしていく。

 わざわざ海外にまで行くカップルもおり、中には、はるばる南極まで行ってペンギンと一緒に結婚写真を撮る人もいる。

「一生に一度」ということで張り切るのも無理ないが、その結果、花嫁と撮影を担当するカメラマンとの間で、とんでもないハプニングが起きてしまった。

 中国の東沿岸部にある浙江省温嶺市で、これから結婚式を迎えるカップルがスタジオで結婚 写真を撮影していたのだが、撮影の終盤、カメラマンと2人きりになった花嫁が、独身時代の最後の思い出に――とでも思ったのか、カメラマンとベッドの上でイタしてしまったのだという。しかもカメラマンは、持っていたカメラでハメ撮りまでしていた。

 さらにカメラマンは、意図的か否かは不明だが、そのハメ撮り写真を結婚写真とともに、カップルに提供してしまう。そして花婿となる男性は、自分の婚約者がベッドの上で身悶える写真を見せられることになったわけである。

 怒った男性はすぐさま婚約を解消し、さらには、その時の写真をネットにアップするという暴挙に出た。そのため、この件が大きく知られることになったのである。

 当然のことながら中国のネット民たちの間からは、結婚写真撮影で大胆にもカメラマンと“婚前交渉”した女性に対し、あきれ声が上っている。

 気の毒な元花婿には、「結婚する前に彼女の本性が発覚してよかったね」と慰めの言葉を送りたい。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/05/11 09:33
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed