日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国人、ロンドンの名所もパクる

「恥知らずめ!」上海の公園に登場したパクリアート作品に、イギリス人作家が大激怒! 

art-b.jpgロンドンにある本物(上)と、上海にあるニセモノ(下)。人口が13億人もいれば、“偶然”が起こる回数も増える確率も高まる

 工業製品からアニメ番組まで世界中からなんでもパクり、「辞書に“知的財産権”という言葉はない」といっても過言ではない中国。今度は堂々と芸術作品までパクったというから、もはやあきれる以外にない。

 イギリスのメディアが報じたところによると、ロンドンの観光名所のひとつであるタワーブリッジの近くに「Timepiece」という芸術作品が置かれているのだが、それとうり二つなものが、上海中心部を流れる黄浦江の川辺の公園にあるのだという。

 この「Timepiece」は、大英帝国勲章も受けている著名彫刻家のウェンディ・テイラーさんが1973年に制作したもので、ロンドン名物のひとつにもなっている。芸術愛好家から送られてきた上海のニセモノの写真を見たテイラーさんは、最初はこの写真をフォトショップで加工されたものだと思ったという。つまり、自分の作品の写真のバックに、上海の風景を重ねたものにしか見えなかったのだ。作った本人がそう勘違いするほど、上海の“作品”は本物にそっくりだった。

 ところがよく見ると、時計の文字盤にあたる部分の角度が、少し大きくなっている。テイラーさんはそのことに気づき、この上海のニセモノを作った者に対して「恥知らずめ!」というコメントを発している。

 実はというか、やはりというか、このような芸術作品のパクリは今回が初めてではない。昨年には、中国西部にある新疆ウイグル自治区のカラマイ市に完成したステンレス製の大型彫刻が、米国シカゴにある「Cloud Gate」(雲の門)という作品にそっくりだという指摘がされている。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「恥知らずめ!」上海の公園に登場したパクリアート作品に、イギリス人作家が大激怒! のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

工業製品からアニメ番組まで世界中からなんでもパクり、「辞書に“知的財産権”という言葉はな...
写真