日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『Missデビル』社内は無法地帯化

『Missデビル』社長を殺そうとした新入社員を放し飼い&人質事件発生で社内は無法地帯化……

 命の危険にさらされたものの、気の良い博史は、瀬登が退職後にどうしているか気になり、家を訪れます。すると意外にも、瀬登は晴れやかな表情。実は狭心症を患い、働き続けていれば命が危なかったこと、会社から離れたことで「狭い場所ばかり見てた」ことに気づいたというのです。

 瀬登の姿に触発された博史は、その足で南雲のもとへ。そして、「あなたにはこの会社を辞める権利があります」と、眞子の真似をして退社を促し、南雲がこれを呑んだところで今回は終了となりました。

 さて感想。前回ラスト、それまで陽気なキャラクターとして登場していた南雲が、突如として殺人未遂を犯すという雑な展開を迎えましたが、今回も粗だらけで酷かったです。いくら社のイメージを損ないたくないとはいえ、南雲に対して何のお咎めもなしなんてあり得ません。大沢からしてみれば、自分の命を狙う殺し屋を放し飼いにするようなものなんですよ。

 で、会社のこの決定に対して南雲は、「飼い殺しもいいとこだよ。未来ゼロ」と頭を抱えるのですが、社長室でナイフを振り回す狂気を演じた人間が何をほざくのかと唖然としてしまいました。すべて覚悟の上で襲ったんじゃなかったんですかね。未来を憂う資格なんてないと思うのですが。そもそも、復讐するだけのために、わざわざ入社する必要があったのでしょうか。

 南雲事件だけでも衝撃的でしたが、今回はさらに意味不明な展開が上乗せされました。瀬登による博史人質事件です。

 まず疑問だったのが、瀬登いわく「ずいぶん前」に起こした暴力団との不正取り引きの証拠写真を、共亜火災につい最近雇われたばかりの眞子が持っていた点。さらに、眞子がこの証拠を突きつけ、瀬登に退職を迫った時の、「やめてください。ひどいじゃないですか」という、眞子に向けた博史のセリフもワケがわかりませんでした。

 博史としては、仕事人間の瀬登から生き甲斐を奪わないで欲しい、という意味で放った一言だったようですが、すでに瀬登が不正を犯したことを認めた後でのこのセリフは明らかにおかしい。

 さらに滑稽だったのは、博史が人質にとられてからの瀬登と眞子のセリフの応酬。「俺から仕事を奪わないでくれよ」と訴えた瀬登に対して眞子は、「ダメに決まってます」と、冷静沈着に答えたんですね。

 すると瀬登は泣きそうになりながら、「悪魔!」と吐き捨てたのですが、これがまるで、デパートで子供が玩具をねだり、「余計なものは買いません」「ケチ!」とやり合う親子のような雰囲気だったため、緊迫したシーンのはずがコントのようになってしまっていました。

 殺人未遂が立て続けに2件起こり、社内は無法地帯化。このドラマは一体、どこへ向かうのでしょうか。強引に軌道修正してくるのか、あるいはさらにとんでもない展開が待ち受けているのか。怖いもの見たさで、次回を待ちたいと思います。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/05/19 12:00
12

『Missデビル』社長を殺そうとした新入社員を放し飼い&人質事件発生で社内は無法地帯化……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真