日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『Missデビル』社内は無法地帯化

『Missデビル』社長を殺そうとした新入社員を放し飼い&人質事件発生で社内は無法地帯化……

日本テレビ系『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』番組サイトより

 9頭身のスーパースタイルを誇る菜々緒が、“悪魔”と称される冷徹な人事コンサルタント役を演じるドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)の第5話が12日に放送され、平均視聴率7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.4ポイントアップとなりました。

(前回までのレビューはこちらから)

 その前回ラスト、共亜火災保険の新入社員・南雲陽一(前田航基)が、社長の大沢友晴(船越英一郎)をナイフで襲う、という事件が発生。その背景には、南雲が幼少期、父親が営む工場が全焼した際に共亜火災から保険金が下りず、その結果として倒産に至った経緯があることが発覚します。

 そして、その時の調査担当者が大沢だった。つまり南雲は、大沢を逆恨みし、復讐するために入社したのです。

 会社側は再調査を行うのですが、やはり共亜火災には非がなかったことが判明。しかし、社のイメージダウンを考慮し、南雲には何も処分を与えず雇用継続することを決定。これに対して南雲は、このまま会社に留まっていいものなのかどうか悩んでしまうのです。

 一方、人材活用ラボに所属する斉藤博史(Sexy Zone・佐藤勝利)は、上司の椿眞子(菜々緒)から、審査部で新人研修を受けつつ、同部部長・瀬登広幸(小林隆)をリストラする理由を探ってくるよう言い渡されます。

 しかし、瀬登は温厚な性格で部下からの信頼が篤く、仕事も人一倍こなす。リストラする理由なんて見当たりません。それに加えて博史は、南雲のことが気になって仕事に集中できないのです。

 それを見かねた眞子は、瀬登と博史を召集。瀬戸が暴力団と接触し、不正な取引をしていた証拠写真を突きつけ、「あなたにはこの会社を辞める権利があります」と、自主退職を迫ります。

 追い詰められた瀬登は逆上し、博史にナイフを突きつけて人質にとってしまうのですが、眞子はいたって冷静。瀬登にペンを投げつけ、ひるんだところへすかさずハイキックをお見舞いし、一件落着してしまいます。

12

『Missデビル』社長を殺そうとした新入社員を放し飼い&人質事件発生で社内は無法地帯化……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真