日刊サイゾー トップ > カルチャー  > レンタルビデオ減少の余波

動画配信サービスも、まだこれから……レンタルビデオの減少が制作現場にもたらす危機感

TSUTAYA公式サイトより

「最近、TSUTAYAが少なくなったな……」そんな会話を耳にする人が増えているのではないだろうか? Amazonプライム・ビデオをはじめ、世界最大手のNetflixが普及するなど、動画配信の急速な普及により、レンタルビデオは過去の産業になりつつある。

 とりわけそれを決定付けたのは、今年2月にTSUTAYAの恵比寿ガーデンプレイス店が閉店したことだ。1994年にオープンした同店は、「置いていない商品はない」といわれるレベルの品ぞろえで、わざわざ遠方から見たい映画を探して借りに来る人もいたものだ。

 音楽CDのほうは、もっと急速に縮小している。先日、久しぶりに新宿のTSUTAYAに行ったら、レンタルCDコーナーはなくなっていた……。もはや、レンタルCDはサービスをやめるくらいに需要がなくなっているのだ。

 近年、レンタルビデオ店としてのTSUTAYAは縮小。親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブは、出版社の買収や書店事業の展開など、新たな事業へとシフトしている。

 日本映像ソフト協会などが2018年に発表した調査では、17年時点で映像ソフト市場規模は、前年からほぼ横ばいの5,213億円。この中で、有料動画配信の利用者の割合は5年前と比べて3.8倍の伸びとなる13.9%に急増。一方、レンタルの利用者の割合は22.4%減となる26.8%へと下がった。[k1] 

 ユーザーに映像作品が届く、言わば出口の部分の変容。これは、実制作の現場にも影響を及ぼしている。

「とりわけ低予算の映像作品では、制作費の回収においてDVDの売り上げが重要。中でもレンタルビデオ店は『この程度の作品なら○枚は置いてくれるだろう』と予測することができました。ところが、ここ数年で大きく変わりました。レンタルビデオ店の収益が、従来の半分近くまで下がってしまったのです……」(映像制作会社)

 前述のように、レンタルビデオが減った分、配信サービスは増加しているのだが、売り上げもシフトしているわけではない。「明らかにYouTubeなど、ネットで無料で見られるものに食われている」という関係者の声もある。

 今はまだ、ネット配信への移行期。しばらくは、思わぬところで苦境が続きそうだ。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/05/20 16:00

動画配信サービスも、まだこれから……レンタルビデオの減少が制作現場にもたらす危機感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真