日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 【異物挿入】今度は肛門に電球
いったいどうして……

今度は肛門に電球が……!? 中国人の困った異物挿入癖に、担当医がSOS!

  当サイトでは、これまで幾度となく、中国人による肛門への異物挿入事件について報じてきた。タウナギや針など、さまざまなものが肛門や尿道に挿入されてきたわけだが、またまた新たな異物が中国人の体内から摘出された。

「中時電子報」(5月7日付)によると今月初め、中国版Twitter「微博(ウェイボー)」に、外科医を名乗る人物が、次のような投稿をした。

「間違えて直腸に電球を挿入し取れなくなった患者が搬送されてきたんだが、どうやって取り出せばいいんだろう? もし、電球が直腸の中で割れたら直腸を傷付けることになるし、手術をすれば体に大きな傷を残すことになる。みんななら、どうすればいいと思う?」

 この投稿には、電球が直腸に詰まっている衝撃的なX線写真も添えられていたのだった。

 これに対しては、「そもそも、どうやってこんな大きな電球が肛門から入ったんだ? 性癖とはいえ、電球まで挿入してしまうとは……」「“間違えて”挿入しちゃったわけがないだろう。こういうやつは、また同じようなことするんだから、ほっとけばいいんだ」「この電球はLEDなのか白熱球なのか、それが問題だ」などなど、さまざまなコメントが寄せられている。

 前出の外科医はその後、「まず、麻酔を打ってから、肛門の筋肉を弛緩させる薬を投与する。その後、肛門から管を入れ、直腸の内部に潤滑油を送り込む。最後に、鉗子で電球をつかみ、回転させながら滑らすように引っ張り出そうと思う。これでダメなら開腹手術しかない」と投稿。しかし最終的に、この患者の直腸から、無事電球が取り出せたかどうかはわかっていない。

レントゲン写真に写る巨大なビー玉の影

 ちなみに今年2月には、広東省東莞市で31歳の男性が、直径8センチの巨大なビー玉を肛門に挿入し、緊急搬送される事件が発生している。

 中国人の異物挿入癖は、今後もしばらくやみそうにない。

(文=青山大樹)

 

最終更新:2018/05/25 21:00
関連キーワード

今度は肛門に電球が……!? 中国人の困った異物挿入癖に、担当医がSOS!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真