日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > AV展開だった『モンテ・クリスト伯』

『モンテ・クリスト伯』稲森いずみが実の子の前で犯されかけるAV展開……米朝首脳会談中止の速報がかぶる奇跡も

フジテレビ系『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』公式サイトより

 

『岩窟王』の名で知られる名作を現代の日本を舞台に焼き直したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。無実の罪で投獄させられ、復讐の鬼と化したモンテ・クリスト・真海(紫門暖)をディーン・フジオカが演じる。壮絶なシーンの連発となった第6話は前回より0.7ポイントアップの6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。1話完結でないために脱落者も多いようだが、ハマっている人は抜け出せなくなるドロ沼ドラマなので、気になっている人は多いのだろう。潜在視聴率は高そうだ。

(前回までのレビューはこちらから)

■江田の両親殺害に関与していた南条

 

 人気俳優・南条幸男(大倉忠義・関ジャニ∞)は、売れない香港時代、大物俳優だったショーン・リー(原作でのアリ・パシャに相当)の付き人をしていた。

 そのショーンは13年前に失踪しているのだが、香港マフィア「ヴァンパ」が殺害したとの報道が出る。これは恐らく真海が流した情報だが、実は南条は当時ヴァンパと関わりがあり、ショーン失踪(殺害)にも噛んでいる。これによりヴァンパは身内の南条が情報を売ったと疑い、動き出す。怯える南条と、利用しようとする神楽清(新井浩文)。

 国有地取得をめぐって、自分の不動産会社と対立する五蓉グループのCMを引き受けた南条を敵視し始めている神楽は、この弱みを利用して南条を落とし、国有地をゲットしようと目論む。ちなみに、2人とも15年前に友人の紫門暖(真海)の成功を妬み、嘘の情報を警察に流し、暖が異国の地に投獄されるきっかけを作った「裏切り者」仲間。復讐すべき相手同士を憎ませ合うのは真海の常套手段。

 早くもやってきたヴァンパのメンバーから脅され、さらに神楽がこの件について嗅ぎ回っていることを知る南条。後日、神楽の元に乗り込み、これ以上首を突っ込むなと釘を刺すが、これにより神楽は南条が噛んでいることを確信する。

 ちなみに、南条は、当時いなくなったショーンの代役に抜擢され、その作品をきっかけに売れっ子俳優になっているのだが、その作品のキメ台詞が「これが俺の復讐だ」というらしく、皮肉が効いている。

 今回も、意味ありげな台詞や細かい見せ方は凝っているのだが、番組ラストにヴァンパが南条宅に集団で押しかけた際、「常識が通用しない連中」として怯えていたはずの南条なのに、警備の一人も雇っていないばかりか、妻・すみれ(山本美月)に普通に玄関を開けさせるなど、少々違和感も感じた。

 ショーンがヴァンパに殺された時に現場にいて、生き延びたショーンの娘が、南条のマネジャー(のフリ)をしている江田(桜井ユキ)であることが今回発覚。南条を恨み、真海に協力する理由が見えてきた。南条の妻で、真海のかつての妻でもあるすみれに「もうすぐで父と母にいい報告ができそうなので楽しみです」と意味深に微笑むが、すみれに対して復讐相手の妻であると同時に、今は真海に対する恋敵として見ている部分もある。

 その真海が「いよいよ始まるね、君の復讐が」と言ってマッチを擦り、江田のタバコに火をつけ、「南条幸男の全てを奪ってやろう、彼の命さえも」といってその火を消す→オープニング、という流れはおディーン様ファンはたまらなかったはず。

 ちなみに今回も「すみれが真海を暖だと気付いている匂わせ」は多く、かつて暖からもらった貝殻の指輪を眺めたり、暖の母親の墓参りをしてたり、「私が助けなきゃいけなかったのに、助けられなかった人」とも言っている。もはや匂わせというか、絶対気づいているが。

 

■「化学反応を楽しむ」真海

 

 真海は、当時の香港警察の捜査資料や独自で手に入れた資料を神楽にちらつかせるも、「友達を売ることはできません」と言いつつ渡さない。もちろん自分をかつて「売った」神楽への皮肉。そして、この「餌」がきかっけで大事件が起こる。

 南条を落とすため、ひいては国有地取得のため、喉が出るほどその資料が欲しい神楽は、地元の先輩件チンピラ(一応地上げ屋)の寺角(渋川清彦)に、真海宅に侵入し資料を写真に撮ってきてほしいと持ちかける。

 15年前、輝いていた暖に嫉妬していた南条と神楽を焚きつけたのは寺角だが、浅はかな小悪党といった感じの寺角は、ズル賢い神楽にいいように使われた挙句、今もうだつが上がっていない。金に困っている寺角は二つ返事で引き受ける。

 このやりとりも盗聴器で把握している真海は「化学反応を楽しんでみよう」とターゲットを泳がせて楽しんでいる。家の前をうろつく寺角を不審がる秘書に「私の客だ、丁重に知らないふりをしておいてくれ」と余裕も見せるが、かつて自分の母から土地を奪い、餓死に追いこんだ寺角のことを「人殺し」としっかり恨んでいる。

 その寺角は、かつての刑務所仲間・安藤完治(葉山奨之)が神楽の妻・留美(稲森いずみ)を「ハメ込んでる」のを知り、脅しつつ真海邸侵入を持ちかける。しかし「バカとは組まない」と断られる不憫な寺角。誰からもバカにされ、それにどこか慣れっこになっている寺角。安藤に「俺はお前の大先輩だからな」とヘラヘラ言い返していたが、15年前にも神楽相手に同じことを言っており、うまいことやってのし上がっている周囲に対し、いい意味でも悪い意味でも全く変わってない(変われない)寺角の悲しさ。それを渋川清彦(元・KEE)が飄々と演じている。

 結局、ヤミ金の取り立てに耐えられなくなった安藤は寺角と真海邸に侵入するのだが、このヤミ金会社(F&Dファイナンス)も真海とつながっている様子。


12
こんな記事も読まれています

『モンテ・クリスト伯』稲森いずみが実の子の前で犯されかけるAV展開……米朝首脳会談中止の速報がかぶる奇跡ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真