日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬香美「独立して拠点を地方に?」

広瀬香美、ある地方都市でコッソリ“布石”を打っていた!「独立して拠点を地方に?」

「Muse Endeavo」公式サイトより

 元所属事務所とのトラブルで世間の注目を集めている、歌手の広瀬香美。今後、しばらく騒動は続きそうだが、今春以降、広瀬がある地方都市に頻繁に顔を出しているという情報をキャッチした。

「広瀬さんがよく、こちらにお見えになっているようなんですよ」

 こう話すのは、東海地方の音楽関係者。聞けば、今年3月くらいから、広瀬が同地を訪れる機会が急増しているという。

「会っているのは、現地のプロモーターやテレビ局関係者などが中心。いずれも会食したり、ゴルフを楽しんだという情報も飛び交っている」(同)

 これまで、数々のヒットソングを手掛けて「冬の女王」と呼ばれた広瀬だけに、活動拠点が必ずしも東京である必要はない。

「現に、地方在住のままメジャーシーンで活躍するアーティストは増えていますから。広瀬さんが、拠点を地方に移したとしても、なんら問題はないと思いますね」

 ただ、気になるのは、どうして今春以降に動きが活発化したのか――という点だ。

「やはり、今回の一件が全く関係ないとは言い切れないでしょうね。独立した際の仕事のサポートなどを相談していたものと思われますよ」(同)

 トラブルに先駆けて広瀬が打っていた“布石”は、果たして役に立つのだろうか?

最終更新:2018/06/07 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

広瀬香美、ある地方都市でコッソリ“布石”を打っていた!「独立して拠点を地方に?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真