日刊サイゾー トップ > 社会  > 【目黒虐待死】児相は限界寸前
いま読みたい2冊

【目黒虐待死事件】児童相談所はなぜ、結愛ちゃんを救えなかったのか――

イメージ画像(Thinkstockより)

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待を受け死亡した事件が、注目を集めている。警察庁は今月6日、保護責任者遺棄致死容疑で父親の雄大(33)、母親の優里(25)の両容疑者を逮捕したことを発表したが、結愛ちゃんが残した「もうおねがいゆるしてゆるしてください」という”反省文”に、どうして行政や周囲の大人は彼女の命を救えなかったのか、やりきれなさを感じている人も多いだろう。

 そんな中、エッセイストで自身も1歳5カ月の娘を育てる犬山紙子氏が、Twitterで「#児童虐待問題に取り組まない議員を私は支持しません」のハッシュタグを使って呼びかけを始めた。11日13時現在までに約7万件拡散されており、犬山氏はBuzz Feedの取材に対し、「『保育園落ちた日本死ね!!!』のように、議員さんが取り上げざるをえないようなタグにしたかった」と語っている。果たして今後、行政にどこまで影響を与えられるのか注目だ。

 一方、子どもの虐待事件が起きるたびに児童相談所の対応が問題視されているが、2009年に1,101件だった相談件数は、15年には10万3,260件と、およそ100倍にまで増加。職員一人当たり100件あまりの対応を求められ、限界寸前という実態もある。そこで今回は、以前当サイトで紹介した『ルポ 児童相談所 一時保護所から考える子ども支援』(ちくま新書)、『告発 児童相談所が子供を殺す』(文藝春秋)のレビュー記事を再掲載し、児童相談所が抱える問題について考えたい。

***

123

【目黒虐待死事件】児童相談所はなぜ、結愛ちゃんを救えなかったのか――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真