日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > アニメ『ジョジョ』の黒歴史とは

『ジョジョの奇妙な冒険』アニメ化で思い出される“あの国際問題”

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイトより

 荒木飛呂彦氏の人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)の第5部「黄金の風」が10月からテレビアニメ化されることが、6月21日に明らかになった。第4部から2年後のイタリアを舞台に、ギャングスターを夢見る主人公のジョルノ・ジョバァーナの生き様が描かれる。

 10月の放送開始に先立ち、7月5日にパリ、7日にロサンゼルスで第1話が先行上映されるプレミアイベントが開催されるという。

 日本のみならず、ワールドワイドな広がりを見せる『ジョジョ』だが、アニメ版で思い出されるのが、あの黒歴史だろう。サブカル誌のライターが明かす。

「2001年に制作されたOVA版の中に不適切な表現があったとして、原作出版元の集英社と、アニメを制作したA.P.P.P.がホームページ上で謝罪。当該DVDアニメと、原作の一部の出荷が停止となりました」

 問題となっているのは、ジョジョ3部OVA『ジョジョの奇妙な冒険 Adventure 6 -報復の霧-』の冒頭シーン。

「エジプトにいる悪役DIOが、イスラム教の聖典『コーラン』を手にしながら、部下に主人公たちの抹殺を命じるのです。原作にはこのシーンはなく、アラビア語の文章を探していたスタッフが、『コーラン』と知らずに転写してしまった。このDVDは07年頃から、アラビア語の字幕を付けた海賊版がネット上で流通。視聴者の1人が、問題の場面の静止画をサイトに投稿し、『コーランを読めば私たちの子どもも悪者になるという意味か』と批判したことで、さまざまなサイトに拡散していった。中には『このアニメを放映したテレビ局を爆破しろ』という過激な意見まであったといいます。イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ師も『イスラム教に対する侮辱で受け入れられない』と非難する大騒動となりました」(同)

 シリーズで最も女性ファンが多いといわれる5部。きな臭い話は二度と起きてほしくないが……。

最終更新:2018/06/25 17:00
こんな記事も読まれています

『ジョジョの奇妙な冒険』アニメ化で思い出される“あの国際問題”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真