日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 飲尿療法セミナーに潜入
アングラライター・國友公司の「裏社会ふしぎ発見!」

崇拝者200人が集結! 飲尿療法セミナーに潜入

会場はガラガラだったが200人近くはいた

<実話誌が次々と休刊に追い込まれる昨今、何を間違ったかアングラの世界に足を踏み入れたライター・國友公司(26)が、危ないニオイのするトピックスを徹底取材!>

 会場にいるだけで頭がクラクラしてきた。健康になるとはいえ、やっぱり自分にはおしっこを飲むことなんてできない。おしっこを当たり前のようにガブガブと飲む人たちを目の前に、筆者は驚きを隠せなかった。思い出すとやっぱり、異常な空間だった。

 みなさんは民間療法というワードに、どのようなイメージを抱いているだろうか? がんを患った芸能人が民間療法にすがり、週刊誌の話題をさらうことがあるように、瞬時にマユツバものだと思ってしまう人も多いだろう。筆者も同じく「民間療法」と聞いただけで裏モノ系ライターの血が騒ぐ。都内某所で「飲尿療法」のセミナーが開催されると聞きつけ、参加費4,000円を払って飛び込んできた。飲尿療法とは、自分で出した尿を自分で飲むという治療法である。

 セミナーの前日に、もう一度チラシを確認する。そこからわかることは以下の3つ。

・イベントは、トータル10時間もある

・1,000人入る会場で行う

・途中で余興がある

 察するに、参加者のほとんどが飲尿療法を実践しているのだろう(実際そうだった)。もしも1,000人集まったら……。偏見極まりないが、鼻の穴に綿でも詰めていったほうがいいかもしれない。余興でおしっこ飲むことになるかもしれないので、ニンニクや脂っこい物は控えておこう。

 開始時間から少し遅れて、会場である都内某所の音楽ホールへ入る。ステージ上ではスキンヘッドの男性が1人、南米かどこかの民族楽器らしい縦笛で「コンドルは飛んでいく」を演奏している。おしっこの臭いもしてこないけど、会場はここで間違いないしな……と席に着く。入り口で渡されたプログラムを見てみると、どうやら今は、くだんの余興の時間のようだ。このあとも、著名人?(10年間体を洗わずに垢でコーティングしているというジャーナリストなど)を迎えた講演がギッシリと詰まっている。

「尿の伝道」「一家丸ごと尿生活」などポップな講演名もあれば、「社会教育と尿」「尿療法の経緯と現在」などガチな講演もある。とりあえず一通り聞いてはみるものの、どれも「とにかく尿はすごい!」と力説するだけで、科学的な解説は一切なし。しかし観客は「ウンウン」とうなずいては拍手喝采で講演者を送り出す。どうやらこのセミナー、講演者も尿に魅了されているが、むしろ観客のほうが尿にどっぷりと浸かってしまっているようだ。

 講演の途中に観客にマイクが渡され、それぞれ尿への想いをぶつけるタイムがあったのだが、これが長いこと。みんな尿のことをしゃべりたくてしゃべりたくて仕方がないのだ。

12
関連キーワード

崇拝者200人が集結! 飲尿療法セミナーに潜入のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真