日刊サイゾー トップ > 芸能  > 丸山桂里奈の下品すぎるロケに苦情

丸山桂里奈の『ボンビーガール』ロケが下品すぎると話題「オシッコちびっちゃってる」 って……

丸山桂里奈 Instagram(@karinamaruyama)より

 6月27日放送の『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)に、元サッカー日本代表の丸山桂里奈が登場。山奥に移住したボンビーガールを訪ねたのだが、視聴者からは「丸山の言動が下品すぎて見てられない」といった声が上がっている。

 今回丸山がロケをしたのは、10年前に人がいなくなったとある集落。山奥の中に立地しておりどの家屋も廃墟と化しているのだが、この場所に1人で住んでいるボンビーガールがいるという。薄暗い森の中に佇む廃墟群は中々不気味で、丸山もすっかり怖気づいてしまった模様。廃墟に入った彼女は、「初めて入った世界ですよ。お化け屋敷に入ったんじゃないかなってくらい」とこぼしていた。

 そしてボンビーガールが実際に住んでいる住居が紹介されると、丸山は「さっきの小屋みたいなのに比べたら、思ったよりもちゃんとしてる家」とコメント。しかしディレクターから“家賃が1万円”という事実が告げられると、「無理ですね。私住めない絶対」「1万円もらっても住みたくない」と苦々しい表情を見せている。

「丸山の率直すぎる感想には、視聴者から『ボンビーガールさんに失礼すぎる』といった指摘がされています。しかしより人々をドン引きさせたのは、住居に入った後の発言。薄暗い部屋の一角で、突然『怖いな…… オシッコちびりそう』と打ち明けました。その後も、なぜか彼女は『今日パンツ(履いてくるの)忘れちゃった』とカミングアウト。ノーパンにGパンというスタイルで現場に来たようで、衣装さんからスパッツを借りているとも説明していました」(芸能ライター)

 さらに「ちびりそう」と言っていた丸山は、股を抑えながら「ちびっちゃってる」とも告白。奇怪な言動に視聴者からは「速攻でチャンネル変えた」「ノーパンはさすがに引く」「下品だし失礼だし最悪だな……」「この人のパンツ事情とかどの層に需要あるの?」「衣装さんが可哀そう」といった声が。一方で山奥に住むボンビーガールは、ヨガの講師として働いている美人な常識人だった。

「丸山は以前から“全身タイツが性癖の元カレとつき合っていた”などの赤裸々なトークを武器に、バラエティー番組で注目を集めてきました。今回のロケも主役はあくまで“ボンビーガール”のはずなのですが、丸山の“ヤバさ”の方が際立ってしまう放送に。リポーターとしてはどうかと思うものの、視聴者に与えたインパクトは抜群です」(同)

 どんな番組でも“撮れ高”を出せるのは、さすが元ストライカーといったところ。様々なテレビ番組に引っ張りだこの丸山は、今後もタレントとして“ゴール”を量産してくれることだろう。

最終更新:2018/06/27 15:00
こんな記事も読まれています

丸山桂里奈の『ボンビーガール』ロケが下品すぎると話題「オシッコちびっちゃってる」 って……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真