日刊サイゾー トップ > インタビュー  > ラバーガール全国ツアーへ!

ラバーガール“夢”の全国ツアーへ! その意気込みは「家族に見られるのが恥ずかしい……」!?

飛永翼(左)、大水洋介(右)/写真=尾藤能暢

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業もこなす。着実にマルチなコント師の地位を固めているラバーガール。しかし、悲願のキングオブコント優勝に向け念願の全国ツアーをスタートするこのインタビューで、彼らの口から飛び出すのは、不満、不安、愚痴、自虐……。的確すぎる自己分析に漂うこのわびさびこそ、永遠の中堅モラトリアム、ラバーガールの真骨頂なのかもしれない。

――全国ツアーのチラシのビジュアル……一度見たら忘れられないですね。デザインもそうですが、「スタイリッシュなコントをあなたに……」っていうキャッチもすごい……。

ラバーガール飛永(以下飛永) いつも単独ライブをやる時は、おしゃれでかっこいいもの作ってもらうんですけど、それだとちょっと伝わりづらいのかなっていうのが、まずありまして。顔がどーんと出てる方がわかりやすいなって。そういうのを突き詰めていくと、演歌の地方巡業のディナーショーチラシが一番ベストなんじゃないか、というところに辿りつきました。

ラバーガール大水(以下大水) 演歌の方たちは、全国を回っているじゃないですか、長年。そういう方たちが、ああいうチラシにしているということは、あれが正解なんだっていう。

飛永 ホールの入り口にどーんってポスター貼り出されるので、居並ぶ演歌の方たちに見劣りしないチラシをつくらないと。

――「爆笑オンステージ」という文言で、「ああおもしろいやつだ」というのも伝わる(笑)。

飛永 営業で書かれたりはありますけれどね。でも、もう言っちゃった方がいいんじゃないかっていう。逆をいえば、僕らがこれをやったらギャグにもなるかなっていうのもあったので、あえてそうしたというか。でも、意外とこういうダサいチラシをつくろうと思ってお願いしたら、ダサい感が、すごい難しくて。最初サンプルで上がってきたものとか、本当に手を抜いた感じにも見えちゃったんですよ。ダサいのをギャグにすることの難しさを知りました。

大水 「追加公演決定!」っていうこれも、いかにもっていう感じでね(笑)。

――よくスーパーに置いてありますよね。演歌の方がたくさん出られている謎のステージチケット。

飛永 年齢層が高い人にも来ていただきたいんですよ。シソンヌもちょうど全国ツアーをやっていて、おしゃれにすると、そっちともかぶっちゃうなーというところもありますね(笑)。

■大水は青森に凱旋、飛永は……?

――先行販売の手応えはいかがですか?

飛永 動員数が3,000人ぐらいなんですよ。今まで最高で、東京だけで1,000人ちょいぐらいなので、その3倍もある。

大水 東京は大丈夫そうですけど、それ以外が、まったく見当つかないですね。

――8月4日の石川公演は、なんと県内最大の花火大会とかぶってるらしいです……。

大水 え?? 初耳。知らなかったな。それやばいな。花火のライブビューイングとかやった方が入るんじゃないかな。

飛永 同時に見れます、とか。

――頑張れば、ライブを見てから花火に行ける時間なんですかね……?

飛永 そのハシゴしますかね? しないでしょ。

大水 普段ラバーガールのライブ見たい人でも、花火行く日ですもん。

飛永 絶対花火だよ。

大水 そもそも花火行きたい人がラバーガールには来ないもんね。マイナス要素しかないよね。

飛永 このツアー、いい要素がないな。唯一、大水さんの故郷の青森ですかね。

大水 200くらいのキャパなんで、知り合いとかは多少来ると思うけど……。

飛永 去年、青森の一番大きいお祭りのMCをさせてもらったんだよね。そこで「実は青森出身なんです」って言ったんですけど「えーー」みたいな。まったく知られてない状況だった(笑)。

――あれ? 飛永さんの地元の静岡は入ってないんですか?

飛永 ないですね。静岡って……じゃっかん冷めている感じがあるんですね。だから、地元に帰ってもあまり凱旋感もなくて……うーん、ちょっと恥ずかしいですしね。今回は、外させてもらいました。

――冷めてる感じというのは……?

飛永 静岡に営業に行って、ウケたなっていう思い出がない。

大水 青森も恥ずかしいけどな。家族の前でネタやるって。

飛永 絶対来るもんね。青森行ったら。

大水 絶対、来る。絶対、教えないようにしてても、どこかから嗅ぎつけて来る。今回のツアーも、僕は言ってなかったんですけれど、お姉ちゃんとラインのやりとりしてたときに「そういえば青森でやるんだって?」って言われて。

――ご家族に感想を言われることは?

大水 1回、営業に行って言われたのは「たまには違う内容も見たいな」って。

飛永 そうだよな(笑)。

大水 営業って、わりと一緒のネタだから。

――営業は、初めての人を対象にしていますもんね(笑)。

大水 毎回来る人は対象にしてないです(笑)。

飛永 今回はね、違うネタもあるし。大水さんの家族もうれしいライブ。

――「全国ツアーは、芸人を始めたときからの夢」という大水さんのコメントがネットニュースになっていましたが、今回ようやく、その夢が叶うと。

飛永 そうそう。大水さんそれ書いてたけど、聞いたことねーけどなって。ウソじゃないかなと思って。見出しになってたよ。

大水 いや、あれはですね、最後にすごい真面目な文章をわーって書いて、「夢でした」って。「なので今から福岡の地へ出発します」「早えーよ」みたいなことを言うために、それまで真面目に書いたんですけど、そこだけ切り取られてしまった。

飛永 そうなの?

大水 真面目なところだけ見出しになっちゃって、すげー恥ずかしかった(笑)。このチラシで、「夢でした」ってコメントって、完全にガチのやつじゃんか。


12345

ラバーガール“夢”の全国ツアーへ! その意気込みは「家族に見られるのが恥ずかしい……」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

やさぐれキャラ・納言の戦略

「神田の女はすぐ金券ショップに入るなあ!」 ――タバコ。ライダースジャケット。そして、東...
写真